Record China

ヘッドライン:

中国、コーヒーの抗酸化効果と腎臓がん抑制効果を発見―中国メディア

配信日時:2020年10月18日(日) 7時40分
拡大
中国の研究チームはカフェインの健康面での効能に関する2つの新ターゲットを発見し、コーヒーの抗酸化と腎臓がん抑制に関する分子メカニズムを解明し、カフェインの広範な応用に科学的根拠を提供した。資料写真。

雲南農業大学が15日に明らかにしたところによると、同校の盛軍(ション・ジュン)教授の研究チームは先ごろ、カフェインの健康面での効能に関する2つの新ターゲットを発見し、コーヒーの抗酸化と腎臓がん抑制に関する分子メカニズムを解明し、カフェインの広範な応用に科学的根拠を提供した。中国新聞網が伝えた。

盛教授の研究チームは、分子間相互作用技術の研究を通じて、カフェインが細胞のミトコンドリア中にある重要な脱アセチル化酵素(SIRT3)と直接結合できることを発見。カフェインがミトコンドリア中のSIRT3と結合してその生物学的活性を高め、スーパーオキシドディスムターゼ2(SOD2)を活性化し、紫外線照射時にミトコンドリア中で発生する過酸化ラジカル効果をなくす分子メカニズムを解き明かした。研究結果により、カフェインが紫外線照射による皮膚の損傷を効果的に改善することが裏付けられ、カフェインの紫外線防止スキンケア用品開発への応用に科学的根拠を提供した。

また研究では、カフェインが細胞内のグルコース代謝と関連する酵素(グルコース-6-リン酸脱水素酵素、G6PDH)と結合し、その生物学的酵素活性を抑制し、酸化を調節して定常状態に戻し、それによって腎臓がんの進行を抑制できることも分かり、カフェインの腎臓がん抑制分子メカニズムを明らかにした。同研究結果は、腎臓がん予防・治療へのカフェイン応用に足掛かりを提供した。

関連研究成果は先ごろ、国際的学術誌「Frontiers in Developmental and Cell Biology」で発表された。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

無糖のはずなのに…人気のミルクティーすべてから糖分を検出=「無糖とは加糖しないという意味」「私が太っている原因はこれだったか」―中国ネット

6日、南方都市報は、無糖と表記しているミルクティーのすべてから糖分が検出されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はタピオカミルクティー。

Record China
2018年7月9日 22時50分
続きを読む

キムチを食べた親の母乳で子どものお尻が赤くなる?韓国のママたちを悩ませる“迷信”に、韓国ネット「キムチが駄目なら韓国はとっくに滅亡してる」

9日、大韓小児科学会の国際学術誌に発表された論文によると、授乳中の韓国人女性は、母親が摂取する食べ物による乳児への影響の懸念から平均5種類の食品摂取を控えており、その中には韓国を代表するキムチも含まれていることが分かった。写真はキムチ。

Record China
2017年5月9日 23時50分
続きを読む

ランキング