まるで歩くプリンター!下書きなしで文字を手書きするスゴ技―中国

人民網日本語版    2020年10月19日(月) 19時0分

拡大

安徽省合肥市のある男性が壁に筆や刷毛で見事な文字を書くスゴ技が注目を集めている。

【音声ニュースを聴く】

どんな職業にも、優れた技の持ち主がいるものだ。このところ、安徽省合肥市のある男性が壁に筆や刷毛で見事な文字を書くスゴ技が注目を集めている。

この男性は今年52歳になる仁さん。壁に文字を書くようになってもう27年になるという。学校に通っている頃から字を書くのが好きだったという仁さんは、「仕事を探していた時に、雇い主から刷毛を渡され、書いてみるように言われた。それで書いてみたらすっかり気に入られ、それ以来ずっと書き続けている」と話す。

最初はペンキで大型の広告看板に書いていたが、ここ数年は郷鎮で壁に文化関係の内容を書くことが流行するようになっているという。仁さんは壁文字書きの仕事で月収1万元(約15万7000円)以上を稼ぐ。省内の分だけでも書ききれず、他の省から依頼されても対応できないという。

仁さんは、「科学技術の発展は手書き文字にとって大きな打撃になるだろう。でも、手書きにはまだ一定の強みがある。機械では書けない場所も多いからね」と話す。手書き文字の技について仁さんは、主に日々の生活に注意を向け、普段出かけた時によく観察するようにしているという。

仁さんのスゴ技を見たネットユーザーからは、「まるで頭がコンピューターで、手がプリンター」「自分が好きなことをしてお金が稼げるなんて、素晴らしい!」と感心する声が寄せられている。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携