Record China

ヘッドライン:

陸上男子100メートル元中国記録保持者がDV&不倫? 妻が告発も本人は真っ向否定―中国メディア

配信日時:2020年10月16日(金) 14時0分
拡大
15日、成都商報は、陸上男子100メートルの元中国記録保持者・張培萌氏が離婚騒動を引き起こしたことを報じた。

2020年10月15日、成都商報は、陸上男子100メートルの元中国記録保持者・張培萌(ジャン・ペイモン)氏が離婚騒動を引き起こしたことを報じた。

記事によると、張氏の妻である元サッカー番組キャスターの漠寒(モーハン)さんが15日に微博で長文の書き込みを行い、張氏から長きにわたり家庭内暴力(DV)を受けてきたこと、別居後に張氏が家に押しかけ、娘を連れ去り、その際に母親を負傷させたことなどを暴露した。漠寒さんは「彼による度重なるDV、浮気により結婚生活を続けられなくなった。現在、彼に対し離婚訴訟を起こし、開廷を待っている」と述べたという。

張氏は13日に娘の誕生日を祝う写真などを掲載したが、写真の中には漠寒さんの姿は写っていなかったことがネットユーザーに注目された。漠寒さんの告発に対して張氏は15日にメディア向けの声明を発表。「7月に私が熟睡している間に彼女が勝手に娘を北京の自宅からハルビンの実家に連れ帰った。8月にハルビンに行き娘を連れ帰ったが、その際に私は誰一人けがをさせていない。この1年、彼女は何度も北京でDVを受けたと警察に通報したが、警察当局は調査の上で彼女の主張を受け入れなかった。また、浮気についてもでっち上げだ」と反論した。

張氏はさらに「彼女は日ごろからもっといい生活条件やたくさんの現金を要求してきたため、可能な限り従ってきた。彼女は性格がきつく、私に対し『アスリートは単細胞で乱暴、下品』というイメージを植え付けようとし、何度も警察に通報した。また、SNSやメディアを利用して私の名誉を損ねようとしてきた」と主張。現在、弁護士に依頼して訴訟手続きを進めていることを明らかにした。

張氏は1987年生まれの33歳。2013年にモスクワの世界選手権男子100メートルで当時の中国記録である10秒00をマークした。17年に引退すると、テレビのバラエティー番組に積極的に出演してタレントとして活躍する一方、18年には冬季競技のスケルトンに転向して中国代表入りし、注目を集めた。漠寒さんとは18年に知り合い、1年の交際を経て19年6月に結婚。同9月には長女が誕生した。記事は「ロマンチックなプロポーズや結婚式が注目を集めてからわずか1年で2人がこんな状況になるとは、思いもよらなかった」と伝えている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

張培萌「日本のような強いライバルがいることに感謝」=リオ五輪男子400mリレー、日本は銀、中国は4位

20日、北京晩報は記事「陸上男子400メートルリレー中国代表が4位に、“日本のような強いライバルに出会えたことに感謝”と張培萌」を掲載した。今後も日本と競い合って実力を高めたいと話している。写真は陸上男子400メートルリレー中国代表。

Record China
2016年8月21日 17時10分
続きを読む

<世界陸上>日本リレーチームはなぜハーフ選手がいなくても強いのか、中国選手がうらやましがる「秘密」とは?

13日、ロンドンで行われている陸上世界選手権男子4×100メートルリレー決勝で、日本が銅メダルを獲得。中国は日本に次ぐ4着だった。この結果について、中国メディア・澎湃新聞は「日本はハーフに頼らずとも中国に勝利した」と伝えた。資料写真。

Record China
2017年8月14日 11時50分
続きを読む

ランキング