Record China

ヘッドライン:

「2020東京・中国映画週間」に新作12本上映

配信日時:2020年10月15日(木) 15時0分
拡大
第33回東京国際映画祭の一環として「2020東京・中国映画週間」が27日から11月1日まで、東京で行われます。
(1/2枚)

第33回東京国際映画祭の一環として「2020東京・中国映画週間」が27日から11月1日まで、東京で行われます。

その他の写真

主催側によりますと、今回の中国映画週間のオープニング作品は「若者たちの賛歌」で、閉幕作品は今年最も注目される作品の一つ「ロスト・イン・ロシア」です。期間中、中国で最近公開されたばかりの「香山の春1949」「ワイルドグラス」およびチャン・イーモウが製作総指揮をとり、国慶節期間中最も人気を博した「愛しの故郷」など多数の新作が上映されます。

閉幕式およびゴールドクレイン賞の授賞式は11月1日に行われます。日本側のゲストとして滝田洋二郎監督や鶴田法男監督のほか、俳優の別所哲也さんや桜庭ななみさんら日本映画界のゲストが招かれます。また、中日共同制作アニメ「LALALACOCO」で声優を務めたAKB48の一部メンバーも招かれてお披露目されます。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング