Record China

ヘッドライン:

中国のネット視聴ユーザーが9億人以上に、ショート動画が業界変革を促進―中国メディア

配信日時:2020年10月18日(日) 23時40分
拡大
今年6月の時点で、中国のネット視聴ユーザーの規模は9億100万人で、2019年における同産業の規模は4541億3000万元に達した。

中国のインターネット機関である中国ネット視聴番組サービス協会(CNSA)は12日、四川省成都市で、「2020中国ネット視聴発展研究報告」を発表した。報告は中国のネット視聴のユーザーや産業の規模を初めて明らかにしている。これによると今年6月の時点で、中国のネット視聴ユーザーの規模は9億100万人で、2019年における同産業の規模は4541億3000万元(約7兆390億円)に達した。人民網が伝えた。

報告によると、今年6月の時点で、中国のネット視聴ユーザーの規模は9億100万人と、3月に比べて4380万人増加した。ネットユーザーの使用率は95.8%に達している。細分化された各分野を見ると、ショート動画のユーザー使用率が最高で87.0%、ユーザーの規模は8億1800万人に達した。総合動画のユーザー使用率は77.1%で、ユーザーの規模は7億2400万人、オンラインライブ配信の使用率は59.8%で、ユーザーの規模は5億6200万人だった。オンラインオーディオのユーザー使用率は29.3%とやや低く、ユーザーの規模は2億7500万人となっている。

その他、ネット視聴アプリが、新ネットユーザーを呼び込む主な力となっている。今年3-6月期、新規ネットユーザー3625万人のうち、23.9%がネット視聴アプリを利用するためにインターネットを始めた。新規ネット視聴ユーザーは主に、三・四・五線都市のユーザーとなっており、五線都市が33.6%、三線都市が19.5%、四線都市が19.1%を占めた。

■ショート動画の市場規模が急速に拡大 業界の構造の変化を促進

2018年下半期、ショート動画アプリの1日当たりの使用時間が、総合動画アプリを超え、ネット視聴アプリの分野でトップに立った。報告によると、ショート動画はすでにユーザーが時間つぶしをするためのベストアイテムとなっている。2020年6月の時点で、ショート動画の1日当たりの平均使用時間は110分に達し、インスタントメッセージを上回った。ネット視聴産業において、ショート動画の市場規模が占める割合が最高で、前年同期比178.8%増の1302億4000万元に達した。

ショート動画は、EC、ライブ配信、教育など、さまざまな分野に浸透しており、その影響力は拡大を続けている。そして、ネット視聴業界の構造の変化を促進している。

2020年6月の時点で、中国のオンラインライブ配信のユーザーの規模は5億6200万人で、うちECのライブ配信ユーザーの規模が3億900万人と、今年成長が最も速いインターネットアプリとなっている。ユーザーの15.7%は、「オンライン動画やライブ配信を見て商品を買ったことがある」と答え、うち半数以上が500元(約7700円)以上を消費していた。

市場の構造を見ると、総合動画とショート動画プラットフォームが「2強」の戦いを繰り広げている。報告によると、三大総合動画プラットフォームの愛奇芸、騰訊視頻、優酷視頻のユーザー浸透率が79.1%と、他を突き放して「3強」の構造となっている。ショート動画プラットフォームを見ると、ユーザー浸透率、ユーザーの好感度、いずれの面でも、抖音(Tik Tok)と快手が「2強」の戦いを繰り広げている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング