三峡ダム、どうやっても壊すことはできない―中国メディア

Record China    2020年10月14日(水) 18時20分

拡大

12日、網易に「中国は三峡ダムをどうやって守っているのか」とする記事が掲載された。写真は三峡ダムの模型。

2020年10月12日、網易に「中国は三峡ダムをどうやって守っているのか」とする記事が掲載された。

記事は、三峡ダムについて1994年に着工して2006年に完成し、総工費954億6000万元を投じたとされる世界最大の水力発電プロジェクトであると紹介。その長さは3335メートル、高さ185メートルで、非常に堅固な造りとなっているために通常の自然災害では壊れないとした。

また、設計段階の早い時期から他国による攻撃に対する耐久性についても研究が行われ、建設時に専門家が提出した資料の中で「小型爆弾を使ってもダムを破壊することはできない」と記述したと紹介している。

さらに、三峡ダムの周囲にはダムの状況を随時監視し、危険が発生した場合には真っ先に支援に駆け付ける軍の部隊が駐留しているとも説明したほか、実際に核ミサイルが飛来した場合には中国の防空網が早々に撃墜したうえで、ミサイルを発射した国に対して核で反撃することになると伝えた。

記事は、三峡ダムが中国の工業の発展や国民生活に密接にかかわっていることもあり、国が各種の十分な保護措置を講じていると紹介。「ミサイルを撃とうが、攻め込もうが、どうやっても三峡ダムを壊すことはできないのである」した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携