Record China

ヘッドライン:

日本で“反韓デモ”が拡散=人権報告書で指摘も、「日本政府は“言論の自由”口実に野放し」―韓国メディア

配信日時:2014年3月4日(火) 15時9分
拡大
4日、韓国・朝鮮日報(中国語サイト)は、「『韓国人を追い出せ』日本で反韓デモがエスカレート」と題する記事を掲載した。写真は反韓デモ。
(1/2枚)

2014年3月4日、韓国・朝鮮日報(中国語サイト)は、「『韓国人は出て行け』日本で反韓デモがエスカレート」と題する記事を掲載した。

その他の写真

1月18日、“在日特権を許さない市民の会(在特会)”などの会員ら約200人が東京の六本木で反韓デモを行った。参加者の中には「朝鮮人を殺せ」など、過激なスローガンを叫ぶ者もいたという。

報道によると、在日韓国人団体“民団”の徐会長は「在日韓国人はこれまでもさまざまな差別を受けてきたが、『殺せ』などの言葉が叫ばれたことはなかった。私たちは身の危険を感じている」と話しているという。

日本でヘイトスピーチが広まっていることについて、米国は先日発表した「人権報告書」で憂慮を示している。一部から「日本政府は“言論の自由”を口実に、ヘイトスピーチを野放しにしている」との声も聞かれる。

報道によれば、このような状況は、在日韓国人に大きな影響を与えており、新大久保の韓国系の店が客の減少により営業停止に追い込まれるケースが増えているという。ある店の経営者は「デモ隊は店に出入りする日本人も侮辱している。実際には営業妨害だが、警察はこのような行為は取り締まってくれない。客足が減り、死活問題になっている」と話しているという。(翻訳・編集/北田

関連記事

反韓運動に反対!=在韓日本人男性「日本右翼は度が過ぎる、両国の友好を」―韓国メディア

11日、韓国・東亜日報中国語サイトの報道によると、同国南ソウル大学校の日本語科で教授を務めている日本人男性は7日、ソウルの光化門で「日本右翼団体の反韓運動に反対する」と書かれたカードを掲げていた。写真は日本の反韓デモ。

Record China
2013年12月11日 12時54分
続きを読む

ランキング