2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

なぜ中国人移民は世界中で嫌われているのか?広がる排除の動き―中国紙

配信日時:2014年3月4日(火) 7時40分
なぜ中国人移民は世界中で嫌われているのか?広がる排除の動き―中国紙
画像ID  412696
1日、国際先駆導報は記事「世界を恐れさせる中国人移民、なぜいたるところで“排除”されるのか」を掲載した。写真は米ニューヨーク市クイーンズ区フラッシング。中国人移民が多く住んでいることで知られている。
2014年3月1日、国際先駆導報は記事「世界を恐れさせる中国人移民、なぜいたるところで“排除”されるのか」を掲載した。

その他の写真

カナダ政府は2月11日、投資移民・起業家移民制度の終了を発表した。数万人もの中国富裕層が移民申請中だったが、その門が閉ざされたことになる。昨年末に発表されたフーゲワーフ長者番付によると、富裕層の64%は移民を申請中、または検討している。子どもの教育、政治リスク、退職後の生活、環境汚染などが主要な理由となった。

特に2012年以後、中国人移民の流入は各国メディアの注目を集めるようになった。それと同時に反発する動きも目立つようになっている。中国人移民が多いバンクーバーでは不動産価格高騰の理由は中国人移民流入にあるとの認識が広がっている。ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトルなど米国の大都市でも不動産価格の高騰、米国人のビジネス機会減少の元凶として中国人への反感が広がった。中国人富裕層の財産は汚職や詐欺、違法な所得によるものだと考えている人も多い。

また、中国人がマナーをわきまえないとの反発も根強い。ニュージーランドでは中国人の飲酒運転、交通違反、ひき逃げなどは許しがたいとの怒りが広がっている。中国人移民、とりわけ富裕層の移民のイメージを変え偏見を排除するには、中国人移民自らの努力が必要となるだろう。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事