Record China

ヘッドライン:

映画界を離れて16年の女優マギー・チャン、「かつて女優だった」インタビューに惜しむ声多数

配信日時:2020年10月12日(月) 23時20分
拡大
香港の女優マギー・チャンの4年前のインタビューが再び公開され、すでに女優業にピリオドを打ったような心境を語っていることに、ネット上では惜しむ声が多く上がっている。

香港の女優マギー・チャン(張曼玉)の4年前のインタビューが再び公開され、すでに女優業にピリオドを打ったような心境を語っていることに、ネット上では惜しむ声が多く上がっている。

現在56歳のマギー・チャンは、過去に香港金像奨や台湾金馬奨をはじめ、2004年には映画「クリーン」でカンヌ国際映画祭でも主演女優賞を獲得。しかし、この作品を最後に女優業から離れ、ここ16年間では2本の映画に友情出演したのみとなっている。

中国の映画情報サイトがこのほど、「アジアの最も偉大な映画人」のタイトルでマギー・チャンに行った4年前のインタビューを再掲載し、その内容が話題になっている。この中でマギー・チャンは、「自称するなら『かつて女優だった』と『1人の女優』のどちらと思うか」の質問に、「かつて女優だった」を選び、「すでに12年も離れているので、女優という肩書きには釣り合わない」とコメント。さらに、「人に言われないと自分が女優だったことを忘れている」とも語っている。

カンヌで受賞し、女優として最も輝かしい栄誉を獲得した後、あっさり映画界を離れたマギー・チャンだが、理由については「いろいろある」と語る。「ある事に終わりが見えた時、そこから離れると決めたら、成功を収めた時に離れるのがいいと思った」と、カンヌが絶好のタイミングでの授賞だったことにも言及している。

香港、中華圏だけでなくアジアを代表する女優となったマギー・チャンだが、16年に中国でも大ヒットした韓国ドラマ「応答せよ1988」で、美人の代表として会話の中に登場するなど、今でもその影響力は国内外で大きい。このインタビューについてネットユーザーからは、「4年が過ぎたが、今も同じ心境だろうか」「このまま二度と戻らないのはあまりに惜しい」「急にやめたのだから、何かきっかけがあれば再開してくれると信じる」といった声が寄せられている。(Mathilda)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

今年も「史上最悪」か?「ミス香港2019」の選考スタート、候補者の顔触れ公開

24日、中華圏最大級のミスコン「ミス香港」の選考が今年もすでにスタートし、主催のテレビ局・無線電視(TVB)で最初の面接とカメラテストを実施。集まった候補者の顔触れに、ネット上では「史上最悪」と毎年お決まりの意見が飛び交っている。

Record China
2019年6月27日 14時20分
続きを読む

ランキング