Record China

ヘッドライン:

中国中央テレビがNBAの試合中継を再開―中国メディア

配信日時:2020年10月12日(月) 10時20分
拡大
9日、新京報は、中国国営中央テレビがNBAの試合中継を再開すると伝えた。写真はNBAのイベント現場。

2020年10月9日、新京報は、中国国営中央テレビ(CCTV)が米プロバスケットボール協会(NBA)の試合中継を再開すると伝えた。

CCTVは昨年、NBAのヒューストン・ロケッツのダリル・モーリーGMが、香港の抗議デモを支持する内容をSNS上に投稿したため、NBAの試合中継を取りやめていた。

CCTVのスポークスマンは9日、バスケットボールは中国で幅広い人々からの支持とファンのニーズがあるとし、CCTVは10日午前からスポーツチャンネルでNBAの試合中継を再開することを明らかにした。

スポークスマンによると、先日の国慶節中秋節の際、NBAから中国のファンに向けて祝福のあいさつが寄せられた。また、NBAが善意を表明し続けていることにCCTVは注目しており、特に今年に入ってから新型コロナウイルスと戦う中国人民に対して積極的な支援をしてくれたとしている。

これでNBAとの関係は修復された形だが、サッカーの分野では関係がこじれている。先月、イングランド・プレミアリーグは中国のPPスポーツと結んでいた放映契約を打ち切った。ビジネス面がその理由とされているが、英国と中国の政治面での関係悪化が大きく関係しているとの見方もある。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

NBAは大損?年間収入80億ドルの10%超が中国から―中国メディア

8日、中国メディアの界面新聞は、米NBAのヒューストン・ロケッツのゼネラルマネジャーが、香港で続く抗議デモへの支持をツイッターに投稿し、中国で反発が広がっていることに関連し、「NBAは大損することになる」とする記事を掲載した。写真はNBAの中国上海本部。

Record China
2019年10月9日 13時40分
続きを読む

中国の芸能人、NBA関連ファンイベントへの出演取りやめ続々表明―中国メディア

8日、米NBAのヒューストン・ロケッツのゼネラルマネジャーが、香港で続く抗議デモへの支持をツイッターに投稿したことを受け、中国で反発が広がる中、中国の芸能人が続々と、上海で9日に予定されているNBA関連ファンイベントへの出演取りやめを表明している。

Record China
2019年10月9日 12時40分
続きを読む

ランキング