韓国の輸入キムチ「99%が中国から」、焦る韓国「キムチ宗主国と言えるのか」―中国メディア

Record China    2020年10月13日(火) 9時20分

拡大

9日、海外網は、韓国の輸入キムチの99%が中国からとの現実に、韓国メディアが焦っていると伝えた。

2020年10月9日、中国メディア・人民日報系の海外網は、「韓国の輸入キムチの99%が中国からであるとのニュースに少なからぬ韓国人が心をかき乱されている」と伝えた。

韓国メディアの亜洲経済は7日、昨年韓国が輸入したキムチは30万6500トンで、このうち99%が中国からの輸入だったと伝えた。キムチの輸入量は輸出量(5万8316トン)の6倍近くとなっているという。

このニュースを他の韓国メディアも次々と反応し、国民日報は「それでもわれわれはキムチ宗主国と言えるのか?」と伝えたほか、SBSは「キムチ宗主国の地位が揺らいでいる!」と報じた。

記事によると、亜洲経済が伝えたデータは韓国農林畜産食品部が6日、議員に提出した資料に基づいている。この資料によると、近年韓国のキムチは貿易赤字が顕著で、キムチ輸入量は2014年の17万4000トンから19年は24万8000トンに増加しており、この間のキムチの累計貿易赤字は1億5600万ドル(約165億円)に達するという。

韓国メディアは、中国産のキムチは韓国のレストランや食品企業の多くを「占領」している状態だと指摘。韓国農水産食品流通公社の報告では、「中国産のキムチは価格が安く、競争力が向上し続けているため、韓国の飲食店や食品企業は中国産キムチをよく使用している」とされているという。

記事は、「韓国産キムチの価格競争力を向上させるため、韓国農林畜産食品部は18年に産業振興発展計画を決め、米国や香港、台湾へ韓国キムチの輸出を拡大するとしているが、今のところ輸出は低迷している」と指摘した。

また、今年は梅雨の長雨と台風の影響で、唐辛子や白菜の価格が上昇しており、ソウルのスーパーでは白菜1つが約1万ウォン(約920円)で販売されるほどで、多くの人が手作りをあきらめて既製品を買っている。このため、中国産キムチの価格も上昇しているという。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携