Record China

ヘッドライン:

中国のワクチンを待ち望むブラジル人、専門家「中国のワクチンは最も安全」―中国メディア

配信日時:2020年10月12日(月) 7時30分
拡大
中国紙・環球時報は9日、ブラジル人は中国の新型コロナワクチンを待ち望んでいるとする記事を掲載した。資料写真。

中国紙・環球時報は9日、ブラジル人は中国の新型コロナワクチンを待ち望んでいるとする記事を掲載した。

記事はまず、ブラジルで新型コロナウイルスの感染者数が500万人を突破したことに言及。「米国、インドに続いて、世界で3番目の感染者数500万人以上の国になった」「ブラジルのワクチンに対する期待は高い」とし、7月からサンパウロ州で中国企業と提携してワクチンの研究を行っており、12月中旬には接種できる見込みだと伝えた。

ブラジルメディアの報道によると、サンパウロ州のドリア知事は、許可が出れば12月15日からワクチン接種を始めることができ、最初は医療スタッフが対象になると語ったという。「契約によると、サンパウロ州は12月に4600万本のワクチンを入手できる」と記事は伝えた。

ブラジルでは合計9000人のボランティアが12カ所の研究センターで中国のワクチン試験を行っており、記事は「多くのブラジル人が臨床試験に積極的で、7月13日からの5日間で約100万人が応募した」としている。

サンパウロ州ブタンタン研究所のDimas Covas所長は、ワクチンの臨床試験がこんなにも多くの人の関心を集めたことはこれまでなかったと述べていると記事は紹介。Covas所長は、「私もボランティアの1人だ。中国が開発したワクチン『コロナバック』は、世界で最も前途のある新型コロナワクチンの1つだ」と称賛したという。

記事は、一部では新型コロナワクチンに対する懐疑的な見方もあるものの、ブラジル人の多くは中国のワクチンに期待していると紹介。ブラジルの伝染病専門家は、「最も安全で、最も有望なワクチンは中国のワクチンだ」と述べており、ブラジルで最初に出るのは中国のワクチンになるとの見通しを示したと伝えた。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング