Record China

ヘッドライン:

桂林に墜落した中国の戦闘機、軍が調査結果を公開―米華字メディア

配信日時:2020年10月8日(木) 15時40分
拡大
7日、米華字メディア・多維新聞は、9月初旬に墜落した中国の戦闘機について、軍が調査結果を公表したと伝えた。資料写真。

2020年10月7日、米華字メディア・多維新聞は、9月初旬に中国空軍の戦闘機が広西チワン族自治区の桂林で墜落したことが多くの人の関心の的となっていたが、約1カ月後に軍が調査結果を公表したと伝えた。

記事は、「中国共産党中央軍事委員会機関紙の解放軍報が5日、戦闘機がバードストライク(離着陸時の鳥の衝突)で墜落した事故について明らかにし、その前後の詳細を伝えた」と紹介。それによると、戦闘機は離陸から1分もしないうちにバードストライクのためエンジンが緊急停止した。

この時の高度は272.7メートルで、「中国空軍の緊急事態対処マニュアルでは、高度2000メートル以下で操縦が成功しなかった場合、状況に応じて緊急着陸かパラシュート降下するべきと規定されている」と記事は紹介し、「パイロットは市街地を避けるよう戦闘機を操縦してから墜落の3秒前に緊急脱出装置を作動させた。この時の高度は75.9メートルだった」と伝えた。軍の専門家は、パイロットは37秒の間に3回居住区を回避しており、一連の緊急操作によって地上での被害を最小限に抑え、1人も死傷者を出さずに済んだとの見方を示しているという。

記事は、「軍側の情報からすると、この事故は9月4日に桂林で発生した墜落事故のことだ」と分析。「墜落現場の写真を見ると、戦闘機は空地に墜落しているが、燃え上がった炎で黒い煙が付近の民家まで漂っている」と指摘した。

当初、Su-35が台湾海峡から帰還する際に墜落したとの情報が流れていたが、記事は、「評論家の多くは、墜落したのは桂林基地所属のJ-10の単発機だと見ている」と伝えた。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング