Record China

ヘッドライン:

中国映画市場の「100億元」達成スター、「戦狼」ウー・ジンやロバート・ダウニー・Jrも

配信日時:2020年10月8日(木) 21時20分
拡大
このほど俳優リウ・ハオランとワン・バオチアンの2人が、主演映画の興行収入100億元(約1550億円)を達成して話題になったが、これまでに100億元を達成した顔触れをニュースサイトの捜狐が紹介している。

このほど俳優リウ・ハオラン(劉昊然)とワン・バオチアン(王宝強)の2人が、主演映画の興行収入100億元(約1550億円)を達成して話題になったが、中国映画市場でこれまでに100億元を達成した顔触れのランキングをニュースサイトの捜狐(SOHU)が紹介している。

現在公開中の映画「我和我的家郷」のヒットにより今月3日、興行収入100億元を達成した俳優にリウ・ハオランとワン・バオチアンの2人が仲間入り。中国映画市場における歴代最高のヒット作となった「戦狼 ウルフ・オブ・ウォー」のウー・ジン(呉京)をはじめ、これで9人が100億元を達成している。

このほど捜狐が中国だけでなく、国内外のスターを集めた100億元達成ランキングを公開。現時点での1位はウー・ジンで、15作品で165億1600万元(約2577億円)となった。2位は演技派の人気俳優ホアン・ボー(黄渤)で、30作品で133億元(約2075億円)に。3位はロバート・ダウニー・Jrで、「アベンジャーズ」シリーズなど12作品で121億円(約1888億円)となった。

4位は「オペレーション:レッド・シー」などで知られる中国の俳優ドゥ・ジャン(杜江)。5位以下には女優スカーレット・ヨハンソン、俳優のドウェイン・ジョンソン、クリス・エヴァンスら外国人スターが続いている。

なお、100億元を達成した9人の中国人スターの中で、22歳のリウ・ハオランは最年少。一方、36歳のワン・バオチアンは子供の頃に嵩山少林寺で修行を積み、10代からエキストラとして出演を始め、04年の映画「イノセントワールド -天下無賊-」で一躍注目の存在に。18年間をかけて100億元に到達し、リウ・ハオランとは対照的な道のりだったことも話題となっている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング