Record China

ヘッドライン:

インド、「米国、日本、ロシアを上回る」新型ミサイルの発射実験に成功―中国メディア

配信日時:2020年10月8日(木) 11時40分
拡大
中国共産党系の環球時報のニュースサイトは7日、インドが「米国、日本、ロシアを上回る」新型ミサイルの発射実験に成功したと報じた。資料写真。

中国共産党系の環球時報のニュースサイトは7日、インドが「米国、日本、ロシアを上回る」新型ミサイルの発射実験に成功したと報じた。

ロイター通信の7日付報道として伝えたもので、それによると、インド国防省は、理論上400マイル(643キロ)以上離れた敵の潜水艦を撃破できる魚雷を搭載したミサイルの発射実験に成功したと発表した。

同省によると、SMART(Supersonic Missile Assisted Release of Torpedo)システムと呼ばれるこのミサイルは、東部オディシャ州沖のウィーラー島から5日に発射された。

同省は、「この発射とデモンストレーションは、対潜水艦戦闘能力の確立において重要」とし、「ミサイル飛行の射程および高度、先端部の切り離し、魚雷の発射、速度低下機構(VRM)の展開を含め、全目標を完全に達成した」としている。

インドのラージナート・シン国防相はSNS上で、「これは対潜水艦戦におけるスタンドオフ能力の主要な技術的ブレークスルーとなるだろう」とコメントした。

インド防衛業界の報告書によると、このミサイルはバッテリー駆動式の魚雷1基を装備できる。魚雷は重さ50キロの弾頭を搭載し、射程距離は約12.5マイル(20キロ)。ミサイルを使うことで、音速の3倍のスピードで目標に接近し、射程距離は400マイル以上に延長できる。

軽量の魚雷を搭載できるミサイルやロケットの実験はロシア、米国、日本なども実施しているが、インドのミサイルで伝えられた射程にはほど遠いという。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング