Record China

ヘッドライン:

【動画】韓国ガールズグループMVが物議、ミニスカハイヒールの「セクシーナース」に医療労働組合が反発

配信日時:2020年10月7日(水) 17時20分
拡大
6日、観察者網は、韓国の女性アイドルユニットが発表した曲のMVに登場する看護師コスチュームのシーンについて、医療関係の労働組合からクレームが出たと報じた。

2020年10月6日、観察者網は、韓国の女性アイドルユニットが発表した曲のMV(ミュージックビデオ)に登場する看護師コスチュームのシーンについて、医療関係の労働組合からクレームが出たと報じた。

記事によると、女性アイドルユニットの「ブラックピンク(BLACKPINK)」が2日に初のアルバムを発売し、米国を含む57カ国のiTunesアルバム配信ランキングで1位を獲得。メイン曲の「Lovesick Girls」のMVがYouTubeで公開されると、75時間以内に再生回数が1億回を突破した。

しかし、同曲のMVでメンバーのJennieが「私がlovesick(恋の病)にかかるとお医者さんでも手に負えない」という歌詞に合わせ、看護師をイメージした丈の短いスカートとハイヒールのコスチュームで登場するシーンが物議を醸した。このシーンについて韓国衛生医薬労働組合が5日に「看護師の性的シンボル化を止めよ。MVに登場する看護師は歪んだイメージであり、現実における看護師の厳粛な姿にふさわしくない。看護師は医療従事者の中でも最も性的暴力を受けている層であり、看護師の性的なイメージを改めて表現すれば、状況は悪化するばかりだ」との抗議声明を発表した。

同様の声は、同組合のほかに女性団体などからも上がっており、ネット上でも物議を醸したことから、マネジメント会社のYGは6日に「まずは病院の第一線で奮戦する看護師に敬意を示す」と前置きした上で、問題のシーンについて「歌詞の内容を反映したに過ぎず、その他に意図するものはない。過度に解釈されることに憂慮を覚えている。MVを独立した芸術と認識した上で、理解いただけるとありがたい」との見解を示す声明を発表した。一方で、声明の最後には「当該シーンを再編集するかどうかについて、製作スタッフが検討中」とも述べられていたという。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

水着をなくしたミスコリア大会、今度は「セクシー過ぎる伝統衣装」が物議=韓国ネット「恥ずかしい。大会を廃止すべき」

12日、韓国・ノーカットニュースによると、「性の商品化」が問題視され水着審査が廃止されたミスコリアの大会で、参加者たちが「韓服コルセット」姿でステージに登場したことが分かり、またしても物議を醸している。写真は韓服。

Record China
2019年7月16日 22時10分
続きを読む

ランキング