Record China

ヘッドライン:

日本が電子戦能力を強化、C-2輸送機を電波情報収集機と電子妨害機に改造―中国メディア

配信日時:2020年10月7日(水) 6時20分
拡大
中国共産党系の環球時報のニュースサイトは6日、「日本が電子戦能力を強化、C-2輸送機を電波情報収集機と電子妨害機に改造」とする記事を掲載した。資料写真。

中国共産党系の環球時報のニュースサイトは6日、「日本が電子戦能力を強化、C-2輸送機を電波情報収集機と電子妨害機に改造」とする記事を掲載した。

米軍事情報サイト、ディフェンス・ニュースの5日付報道として伝えたもので、「日本の航空自衛隊はこのほど、2年間の飛行試験を経て、電波情報収集機RC-2を就役させたことを発表した」とし、「RC-2は、C-2輸送機をベースとしたもので、電波情報を収集するためのフェアリングを機体各所に施すなど大幅に変更された。2015年から開発が始まり、18年に初飛行した」と伝えた。

さらに、「RC-2は、現有の4機の情報収集機YS-11EBsの後継となるものだが、1対1で置き換えられるかは不明だ。防衛省は概算要求で、不特定数のRC-2の取得費として6720万ドル(約71億円)を計上している」と伝えた。

記事はまた、「日本は、電子妨害能力の向上にも努めている。防衛省は概算要求で、同じくC-2をベースとした新型妨害機の開発費として1億4490万ドル(約153億円)を計上している」とし、「これは、2機のYS-11EAsと唯一現役のEC-1の後継となる可能性がある。EC-1は、徐々にC-2へ置き換えられているC-1輸送機をベースとしたものだ」「日本は比較的遅いペースでC-2を調達している。2014年度から18年度にかけて7機を調達したが、19年度は調達のための資金提供を受けていない」などと伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング