韓国の原子力潜水艦開発が難航?米国が協力を拒否=韓国ネット「当然だ」「自主開発を…」

Record China    2020年10月7日(水) 9時20分

拡大

6日、韓国・東亜日報は「原子力潜水艦の開発を本格的に進める韓国政府が米国に潜水艦の運用に必要な核燃料を購入したい考えを伝えたが、米国側は難色を示している」と伝えた。資料写真。

2020年10月6日、韓国・東亜日報は「原子力潜水艦の開発を本格的に進める韓国政府が米国に潜水艦の運用に必要な核燃料を購入したい考えを伝えたが、米国側は難色を示している」と伝えた。

記事によると、韓国政府は先月中旬に米国側に韓国の原子力潜水艦開発の必要性と計画を説明し、このための核燃料(低濃縮ウラン)の供給を受けたい考えを伝えた。韓国政府は核燃料の供給と使用は敏感な外交安全保障事案であるため、欧州ではなく米国からの購入を希望しているという。

しかし米国は自国の核非拡散原則に言及し、韓国政府の要請を受け入れなかったという。米政府関係者は「米国はどの国にも原子力潜水艦の燃料を販売しない」とし、「これは原則であり、日本をはじめとする他の同盟国に対しても同じだ」と説明した。また「原子力潜水艦の燃料は購入すれば済むものではなく、設置するのに複雑で精巧な技術が求められる上、これを管理する専門家とメンテナンス装備も必要だ」と話したという。

記事は「韓国政府は2030年代前半に原子力潜水艦を実戦配備するという強い意思を示しており、核燃料問題を解決するため米国側と長期間にわたり交渉を行うものとみられる」と伝えている。

これに韓国のネットユーザーからは「当然では?。今の韓国政府に技術を渡したらすぐ中国や北朝鮮に渡るから」「米国が現政権を信じられないのも納得」「現政権の反米姿勢の結果だ」など納得する声が上がっている。

一方で「自主開発の理由ができた」「拒否されることを韓国政府は分かっていたはず。核規制を撤廃するための理由作りだ」と指摘する声や「北朝鮮はすでに核を保有し、原子力潜水艦や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を開発中では?。わが民族の生存に関わる問題だ。米国は販売できないなら自主開発を許可するべき」と訴える声、「米国が駄目なら欧州と協力すればいい」「米国は兵器を売るときだけ同盟。軍事技術をすぐ教えてくれるロシアに要請しよう」と提案する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携