Record China

ヘッドライン:

ノーベル賞の賞金、なぜ120年近くたっても尽きないのか―中国メディア

配信日時:2020年10月6日(火) 13時40分
拡大
5日、新京報は、ノーベル賞受賞者に送られる賞金の資金源が設立から120年近くたっても枯渇しない理由について解説した。写真はストックホルム市庁舎。

2020年10月5日、新京報は、ノーベル賞受賞者に送られる賞金の資金源が設立から120年近くたっても枯渇しない理由について解説した。

記事は、今年のノーベル賞受賞者に授与される賞金が、昨年より100万クローナ多い1000万クローナ(約1億2000万円)となったことを紹介。賞金の資金源であるアルフレッド・ノーベルは当初およそ3100万クローナしかなく、1901年の最初の受賞者に授与された賞金は15万クローナに過ぎなかったした。

その上で、「実は、ノーベルは遺書の中で3100万クローナを直接賞金とせよとは記しておらず、財団の資金として資産運用し、毎年の収益の9割を賞のために用いるよう指示していた」と説明。当初はリスク回避のために銀行預金や公債によって堅実な資産運用を進めたものの、インフレによって資産価値が大きく減少、50年代に入ると株式や不動産への投資を行うようになり、以後は資金が急速に増えていき、現在のノーベル財団の保有資産は49億クローナを超えたとしている。

また、投資による資産の増減とともに賞金が変動するほか、「1人の教授が20年間給料なしでも研究を続けられることを保証する」という賞金の基準があるとも紹介した。

このことについて、中国のネットユーザーからは「巨額のお金が手に入ると利息で生きていけるという『利息年金』と同じ仕組みだな」「お金はお金を容易に呼ぶけれど、人がお金を集めるのは難しいとはよく言ったもんだ」などといったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング