高速で追突事故起こしたドライバー、現場で平然と食事を始める=警察激怒「よく食べられるな!」

Record China    2020年10月6日(火) 16時40分

拡大

5日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、高速道路上で追突事故を起こしたドライバーが、現場で平然と食事を始めたと伝えた。

2020年10月5日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞によると、中国山東省の高速道路上で追突事故を起こしたドライバーが、現場で平然と食事を始める一幕があった。

記事によると、山東省青島市内の高速道路で1日、追突事故が発生。2台の車は追い越し車線の中央分離帯寄りに停車したが、当事者は荷物を降ろして悠々と食事を始めたという。これをカメラ越しにリモートで見た警察官は「なに荷物を降ろしているんだ!しかも食事までして!追い越し車線でよく食べられるな!」と激怒。すぐに荷物を載せて移動するようにと促した。

これに対し、中国のネットユーザーから「追い越し車線で食事はすごいな」「ずいぶんと気楽なもんだな。事故を起こしたのに、なんて肝っ玉が大きいんだ。これは自分に対しても他人に対しても無責任」「安全意識のかけらもない。いったいどうやって免許を取ったのだろう」などのコメントが寄せられた。

また、「命と引き換えに食事をしているんだろうね」「保険会社もこんな人とは契約したくないだろう」「交通事故の映像集を見せてあげれば安全意識が高まると思う」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携