Record China

ヘッドライン:

中国初の国産空母が2015年に進水=蒸気カタパルトを装備、原子力空母も建造へ―香港メディア

配信日時:2014年2月28日(金) 5時40分
拡大
26日、香港メディアは中国初の国産空母が来年進水すし、名称は「山東号」になる見込みだと伝えた。現有の遼寧号よりも一回り大きく、蒸気カタパルトを備えているという。写真は上海の江南造船廠。
(1/3枚)

2014年2月26日、環球時報(電子版)によると、香港メディアは中国初の国産空母が来年進水し、名称は「山東号」になる見込みだと伝えた。

その他の写真

香港誌・鏡報によると、中国の空母戦力整備のロードマップが明らかになった。まず通常動力の大型空母2隻を建造し、その後原子力空母2隻を建造する予定だという。建造は大連造船厰、上海江南長興造船厰で行われる。

初の国産空母は2015年進水の予定で、3年間の試験を経て2018年に配備される予定だ。満載排水量は約8万トン。排水量は現有空母の遼寧号よりも1万トン弱重くなる。蒸気カタパルト(航空機を射出するための機械)4基が搭載される予定だ。(翻訳・編集/KT)

関連記事

海上自衛隊元海将「中国海軍は日米の格好の攻撃目標」、中国人少将は「盲目で楽観的」と切り捨て

15日、人民網によると、日本の海上自衛隊の元海将が著書で「中国海軍は日米の格好の攻撃目標」と評したことを受け、中国の尹卓少将は「その自信はどこから来るのか。あまりに盲目的で楽観的だ」と切り捨てた。写真は中国の空母「遼寧」。

Record China
2014年1月16日 7時20分
続きを読む

日本の総合的軍事力は侮れない、中国は客観的に判断し警戒せよ―台湾紙

23日、台湾紙・旺報は台湾・淡江大学アメリカ研究所の陳一新教授のコラム「日本の軍備拡大、中国は客観的に評価するべきだ」を掲載した。中国政府は日本を侮っているが、しかし日本の総合的な実力は決して見くびれないと警鐘を鳴らしている。資料写真。

Record China
2013年12月24日 10時48分
続きを読む

日中間に衝突が起きれば自衛隊が負ける…しかも徹底的に―日本人専門家

25日、前瞻網によると、日中の尖閣諸島をめぐる争いについて、「日本における中国軍事問題研究の第一人者」と呼ばれる平松茂雄氏は「日中間に衝突が起きれば自衛隊が負ける。しかも徹底的に」と述べた。写真は12年11月、中国空母「遼寧」艦載機の発着艦試験。

Record China
2013年12月26日 8時32分
続きを読む

ランキング