中国初の国産空母が2015年に進水=蒸気カタパルトを装備、原子力空母も建造へ―香港メディア

Record China    2014年2月28日(金) 5時40分

拡大

26日、香港メディアは中国初の国産空母が来年進水すし、名称は「山東号」になる見込みだと伝えた。現有の遼寧号よりも一回り大きく、蒸気カタパルトを備えているという。写真は上海の江南造船廠。

(1 / 3 枚)

2014年2月26日、環球時報(電子版)によると、香港メディアは中国初の国産空母が来年進水し、名称は「山東号」になる見込みだと伝えた。

その他の写真

香港誌・鏡報によると、中国の空母戦力整備のロードマップが明らかになった。まず通常動力の大型空母2隻を建造し、その後原子力空母2隻を建造する予定だという。建造は大連造船厰、上海江南長興造船厰で行われる。

初の国産空母は2015年進水の予定で、3年間の試験を経て2018年に配備される予定だ。満載排水量は約8万トン。排水量は現有空母の遼寧号よりも1万トン弱重くなる。蒸気カタパルト(航空機を射出するための機械)4基が搭載される予定だ。(翻訳・編集/KT)

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携