Record China

ヘッドライン:

中印国境情勢緊張、インド軍が頻繁に新型ミサイルをテスト―米華字メディア

配信日時:2020年10月6日(火) 10時20分
拡大
米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は4日、中国とインドの国境地帯をめぐる情勢が緊張する中、インド軍が頻繁に新型ミサイルをテストしていると報じた。資料写真。

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は4日、中国とインドの国境地帯をめぐる情勢が緊張する中、インド軍が頻繁に新型ミサイルをテストしていると報じた。

記事はまず、インド軍が3日、核弾頭を搭載できる新型Shaurya弾道ミサイルの試射に成功したことが明らかになったと報じた。新型Shauryの射程距離は800キロで、インド軍は今回の試射について「強力な抑止効果がある」としているという。

記事はまた、インド軍が1日、国産戦車「アージュン(Arjun)」からの射程4キロ超のレーザー誘導対戦車ミサイルの試射に成功したこと、先月30日には射程が450キロまで拡張された超音速巡航ミサイル「ブラモス(BrahMos)」の試射に成功したことも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング