Record China

ヘッドライン:

カナダ、中国との緊張関係続く中、台湾海峡に軍艦派遣―米華字メディア

配信日時:2020年10月4日(日) 16時0分
拡大
米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は3日、カナダについて、「中国との緊張関係が続く中、同国の軍艦が3日に台湾海峡を通過した」と報じた。資料写真。

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は3日、カナダについて、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の逮捕をめぐり中国との緊張関係が続く中、同国の軍艦が3日に台湾海峡を通過したと報じた。

中央社など台湾の複数のメディアの3日付報道を引用して伝えたもので、それによると、台湾当局は3日、カナダの護衛艦1隻が、南シナ海から北へ向かって航行し、台湾海峡を通過した後、さらに北へ向かって航行したと明らかにした。

台湾の自由時報は、この軍艦について、航跡追跡サイトによると、カナダ海軍のフリゲート「ウィニペグ(HMCS Winnipeg)」とみられると伝えている。

カナダ籍の軍艦が台湾海峡を通過したのは、2019年9月10日のフリゲート「オタワ(HMCS Ottawa)」以来となる。台湾当局が今年、米国籍以外の軍艦の台湾海峡通過を発表したのは今回が初めて。

他国の軍艦の台湾海峡通過について、中国国防部は以前、「台湾は中国の一部であり、台湾問題は中国の内政だ。中国の核心的利益と民族感情に関わることであり、いかなる外部の干渉も許さない」と警告を発していた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング