Record China

ヘッドライン:

世界は今、急速に中国に傾きかけている―中国専門家

配信日時:2020年10月4日(日) 6時0分
拡大
2日、観察者網は、中国の専門家が新型コロナウイルスを契機に「世界は急速に中国に傾斜している」との見方を示したと報じた。写真は天安門。

2020年10月2日、観察者網は、中国の専門家が新型コロナウイルスを契機に「世界は急速に中国に傾斜している」との見方を示したと報じた。

記事は、復旦大学中国研究院の張維為(ジャン・ウエイウエイ)院長が国慶節に際してこの1年を振り返り、今後の中国の発展について展望した際に、新型コロナウイルスが14世紀に欧州で流行したペスト同様「人類の歴史を大きく変える伝染病」になるとし、「世界はより速いペースで東洋に、中国に、そして社会主義に傾斜していくと予測している」と述べたことを紹介した。

張氏はまた、新型コロナによって多くの人が、中国指導部の掲げる「人類運命共同体」を一層認識するに至ったとした上で、「米国はこの人類運命共同体の概念をどこか一部でも受け入れられていたならば、感染状況は今よりもはるかに良かったに違いない」と主張。「彼らが中国に責任転嫁することを選ばず、中国に助けを求めていれば、WHO(世界保健機関)から出ていくことを選ばず、WHOの意見を聞いていれば状況はずっと良かったはずだ」と語っている。

そして、今の世界は平和、発展、団結を求めるという大きな潮流の中にあり、向かう先はまさに「人類運命共同体」であると説明。その中で米国はかつての冷戦構造をなおも信奉し、独善的に物事を捉え、国際協力を拒否したことによって、自らが世界的な新型コロナ禍の中心になってしまい、多くの米国人が「わが国は新型コロナによって国際社会の捨て子になってしまった」と嘆いているのだと論じた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

習主席、人類運命共同体の構築を語る

外交部の報道官は先ごろ、習近平国家主席が要請に応じてテレビ会議形式で行われる国連創設75周年関連ハイレベル会議に出席し、重要談話を発表すると明らかにしました。

CRI online
2020年9月21日 23時20分
続きを読む

ランキング