Record China

ヘッドライン:

トランプ大統領感染で韓国政府の努力も水の泡に?=韓国ネット「悲しい現実」「むしろ助かった」

配信日時:2020年10月2日(金) 22時20分
拡大
2日、韓国・ニュース1は「トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染したことを受け、韓国で期待が高まっていたオクトーバーサプライズの実現に暗雲が立ち込めている」と伝えた。写真は南北境界の板門店。

2020年10月2日、韓国・ニュース1は「約1カ月後に大統領選挙を控えたトランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染したことを受け、韓国で期待が高まっていたオクトーバーサプライズ、つまり米朝による電撃対話の実現に暗雲が立ち込めている」と伝えた。

記事によると、韓国ではトランプ大統領が大統領選挙直前に「大逆転カード」として北朝鮮問題を活用すると予想されていた。今月7~8日にはマイク・ポンペオ米国務長官が訪韓する予定のため、3回目の米朝首脳会談の可能性まで浮上していた。しかし、トランプ大統領のコロナ感染は朝鮮半島を取り巻く外交の日程に大きな影響を与えるものとみられ、特にオクトーバーサプライズの実現の可能性は低くなったとの見方が出ているという。

また、記事は「トランプ大統領感染のニュースは、米朝対話再開に向け努力してきた韓国政府にも悪材料となるだろう」としている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先月、国連総会の一般討論演説で朝鮮半島の終戦宣言に向けて国際社会が積極的に動くことを求め、米政府と緊密な議論を重ねてきたという。

韓国大統領府の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長と李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長は先月に相次いで米国を訪れ、終戦宣言と非核化問題、米韓間の懸案について議論していた。

これに韓国のネットユーザーからは「トランプ大統領の感染は朝鮮半島にも影響を及ぼすのか…。弱小国の悲しい現実だ」「マスクをしてもっと気を付けるべきだった。コロナ流行が始まったときからこういう状況になると予想していたけれど。しっかり治療を受けてほしい」など落胆の声が上がっている。

一方で「まだ終戦宣言を期待しているの?国民も国連も米国も同意したことないのに。ただ文大統領だけが騒いでいるだけ」「今の状態で終戦宣言なんてあり得ない。むしろ助かったよ」「文大統領の終戦宣言ショーの計画がコロナに邪魔されてよかった」との声も。

その他「コロナに感染したら、金正恩(キム・ジョンウン)委員長に会う前に射殺されてしまうかも…」「選挙で不利とされているトランプ大統領が日程を延期するために感染を装っているのでは?」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング