現地のコロナ対策に頭を悩ます8連休!子ども連れは上海市外NGで国慶節をどう過ごす?

フライメディア    2020年10月3日(土) 18時20分

拡大

今年も建国記念日である国慶節(10月1日)を迎え、中国の大型連休がやってきた。今年は10月1日から8日までの8連休になる。

(1 / 5 枚)

今年も建国記念日である国慶節(10月1日)を迎え、中国の大型連休がやってきた。今年は10月1日から8日までの8連休になる。

その他の写真

日本では、中国の大型連休では「コロナ在宅」の反動で、リベンジ旅行熱高まるといった報道もあるようが、それも地域ごとでそれぞれ事情が変わる。例えば、上海はどうか?上海現地から今年の国慶節休暇の様子を少し紹介する。

例年だと、早々に国内外の旅行など計画をたてている大型連休だが、今年はなかなかそうもいかない。言うまでもなく、海外旅行はできない。しかし、せっかくの8連休、どこにも行かないのはもったいない。だったらせめて国内旅行でも…と考える気持ちも分からないではない。実際、国内の人気観光地では早くも混雑が予想されている。

そうした中、上海の地元幼稚園、小中学校やインターナショナルスクールでは、早々に各家庭に向けて、「国慶節連休は上海市内を出ないで」と通知を出している。教師も同様で、上海市外への移動が制限されている。

もちろん、任意としていると学校が多いものの、仮に上海市外へ移動した場合、例えば、お隣の省(日本でいう“県”)へ出かけると、どうなるか?それぞれの学校で対応は異なるが、14日間の通園・通学禁止、つまり「自宅隔離」が必要になるところもあるようだ。

そのため、多くの家庭が国内旅行を断念し、上海市内で8連休を過ごすことを選択している。

こうした事情から、上海郊外のリゾート地と呼ばれるエリアのホテルや観光施設は、大混雑が予想される満員御礼状態。

とくに人気なのが、手軽に大自然が満喫できると評判の、長江河口に位置する中洲「崇明島(すうめいとう)」、普段なら外国人観光客が多い、上海を代表する水郷の一つ「朱家角」や森林公園のある松江の「佘山(シャー・シャン)」だ。

「上海辰山植物園」や「上海呉淞炮台湾国家湿地公園」など爽やかな秋を満喫できる自然派施設も人気がある。

また、大人のグループには、おしゃれに高級ホテルステイという過ごし方も年々人気が高まっている。

ともあれ今年はコロナ禍で、上海市内の感染情況が効果的に抑制されているとはいえ、国慶節の大型連休の過ごし方も大なり小なり影響を受けている。(提供/フライメディア)

この記事のコメントを見る

※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「2020年、上海の国慶節の過ごし方」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携