Record China

ヘッドライン:

上海に進出したロフト、売り上げが「想像の倍以上」の好調ぶり―中国メディア

配信日時:2020年10月3日(土) 8時20分
拡大
30日、中国経済週刊は、上海に進出した日本の大手雑貨専門店ロフトの売り上げが好調だと伝えた。
(1/3枚)

2020年9月30日、中国経済週刊は、上海に進出した日本の大手雑貨専門店ロフトの売り上げが好調だと伝えた。

その他の写真

記事はロフトについて、「日本旅行へ行ったことのある人ならよく知っており、目立つ黄色い看板は日本では街の中心部でよく見る」と紹介。日本全国131店舗の年間売り上げは約1200億円だと伝えた。

そして、「今年7月下旬、ロフトの中華圏本部が上海市静安区同楽坊に入居し、上海市徐匯区美羅城に海外初となる約1000平方メートルの直営店をオープンした」と説明。「オープン初日は行列ができて入店制限を行う必要があるほどの人気となり、同様の規模のロフト店の開店初日の中で最高の売り上げを記録した」とした。

その上で、ロフトの庄野桂一郎取締役執行役員へのインタビューを紹介。記事によると、庄野氏は「上海ロフトは、開店初日に60万元(約930万円)以上の売り上げとなり、想像の倍以上。しかもこの売り上げが数日続いた。日本でのロフト人気も高いが、上海の消費者のように並んで購入ということは今まで起きたことはない。これは中国市場の規模がいかに大きいかを示しており、多くの人がわれわれに期待していることを意味している。私たちはとても感動している」と語った。

続けて庄野氏は、「上海市では1号店に続いて2号店、3号店の出店を計画している。ここは非常に大きくて魅力的な市場だ。われわれはここでの投資を拡大し、中国事業の基礎を固める」とも述べたという。日本のロフトの商品単価は平均800円ほどで、客単価は約2000円だが、中国の購買力は高く客単価は200元(約3100円)以上だという。

庄野氏は、「商品の供給業者は基本的に日本と同じ。例えば、日本のロフトにある某メーカーのノートは、中国のロフトでも同じメーカーの中国の子会社から仕入れており、日本のロフトと商品が同じになるようにしている。日本から直接輸入する商品は約10%を占めている」と語ったという。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング