Record China

ヘッドライン:

“逆転勝利”も話題の「運命の桃花~宸汐縁~」、国際エミー賞のドラマ部門にノミネート

配信日時:2020年10月1日(木) 20時0分
拡大
台湾の俳優チャン・チェンと中国の女優ニー・ニーが主演のファンタジー時代劇「運命の桃花~宸汐縁~」(原題:宸汐縁)が、第48回国際エミー賞のドラマ・シリーズ部門にノミネートされた。

台湾の俳優チャン・チェン(張震)と中国の女優ニー・ニー(倪[女尼])が主演のファンタジー時代劇「運命の桃花~宸汐縁~」(原題:宸汐縁)が、第48回国際エミー賞のドラマ・シリーズ部門にノミネートされた。

国際エミー賞(International Emmy Award)は毎年、アメリカを除く世界の優秀なテレビ番組を対象に、国際テレビ芸術科学アカデミー(IATAS)が授与する。1973年にスタートして今年で48回目を迎え、このほど世界20カ国・地域から選ばれた11部門のノミネート作品が発表された。

近年、時代劇を中心にアジアをはじめ世界中で人気が高まっている中国ドラマだが、ドラマ・シリーズ部門にファンタジー時代劇「運命の桃花~宸汐縁~」が、中国ドラマで唯一ノミネートされた。昨年夏に配信され、その後テレビでも放送された同作は、中国の神話や道教の思想を取り入れた神仙の世界を舞台に、無敵の戦神・九宸と、皮肉な運命で魔に選ばれたピュアな仙女・霊汐の悲しくも美しい愛を描いている。

映画「レッドクリフ」などで知られる俳優チャン・チェンのドラマ初出演作としても注目された「運命の桃花」だが、配信スタート直後には、主演2人にカップル感がなくミスキャストだと指摘する声も上がり、酷評が相次いだ。しかし回を重ねるうちに、演技派2人の醸し出す雰囲気に魅了される人が続出。映画やドラマの情報サイト最大手・豆瓣(douban)のレビューでは、10点満点のうち最高で8.3点を獲得している。

中国からは近年、第42回(14年)にドラマ「天命の子~趙氏孤児」のウー・ショウポー(呉秀波)が最優秀男優部門に、第41回(13年)には「宮廷の諍(いさか)い目」のスン・リー(孫儷)が最優秀女優部門にノミネートされている。なお、今年の国際エミー賞は11月に結果発表が行われる。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング