Record China

ヘッドライン:

水道水から「食脳虫」、6歳男児が死亡―米国

配信日時:2020年9月30日(水) 17時40分
拡大
30日、中国新聞網は、米テキサス州で水道水から「食脳虫」が見つかり、死者も出ていると報じた。

2020年9月30日、中国新聞網は、米テキサス州で水道水から「食脳虫」が見つかり、死者も出ていると報じた。

記事は、今月初めに同州南部のレイク・ジャクソンで6歳の男児が死亡し、死因が噴水や家庭内のソフトチューブを通じて食脳虫と接触して感染したことによるものと推定されたことを紹介。その後現地当局が調査を実施したところ、同市内から採集した11の水サンプルのうち3サンプルで食脳虫が見つかったと伝えている。

そして、現在現地の水道供給会社が水道系統の消毒とともに代替水の供給を行っており、作業が完了するまでに60日を要する見込みだと伝えるとともに、同市のおよそ2万6000人の住民にはトイレの洗浄以外に水道水をそのまま用いないこと、飲食に使用する際は煮沸すること、水道水を鼻に接触させないことを呼び掛けているとした。

記事は、食脳虫がフォーラーネグレリアというアメーバであり、温暖な淡水から鼻を通じて人体の中枢神経系統に入り大脳で感染を引き起こし、感染者を死に至らしめると説明。米疾病予防管理センター(CDC)によれば、このアメーバによる感染例は2009~18年の間に米国内で34件と決して多くはないものの、感染者の大部分は命を落としているとし、1962~2018年までに感染した145人のうち生存したのはわずか4人であることを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング