ペコちゃんが上海でミルクティーに!中国初のポップアップストア登場!

フライメディア    2020年10月2日(金) 17時40分

拡大

このほど、「不二家」は、中国初となるポップアップストア「ニーハオ不二家110周年首展」を上海に期間限定でオープン。

(1 / 13 枚)

人気キャラクター「ペコちゃん&ポコちゃん」でおなじみの「不二家」が、日本にも上陸している台湾系のKOI(KOI The/コイティー)とのコラボレーションでミルクティーを販売していると聞き、どんなミルクティーになっているのか、チェックしてみる。

その他の写真

このほど、「不二家」は、中国初となるポップアップストア「ニーハオ不二家110周年首展」を上海に期間限定でオープン。

場所は、地下鉄2、3、4号線が乗り入れている「中山公園」駅直結の大型モール・長寧来福士広場(長寧・ラッフルズ・シティ)の1階。

モールの正面に巨大なペコちゃんが登場しているだけでもかなりのインパクトだが、ペコちゃんの「初次見面 請多関照(大意:はじめまして、よろしくネ!)」といった広告も多く、大々的に宣伝されていて、モールに入った瞬間からワクワク感が高まる。

ポップアップストアは、ピンクやブルーのパステルカラーが可愛く、キラキラ感もあり、乙女心を鷲掴み!おなじみのペコちゃんがお出迎えで、テンションもあがる。

ポップアップストアの構成は、ミルクティースタンド、グッズショップ、「映え」写真撮影スポットに、ペコちゃんが「BE@RBRICK招き猫」に扮したシリーズなどのBE@RBRICKとのコラボ展示エリアなど、もりだくさん。家族連れも多く、子どもたちはショップのポップキャンディーに夢中だ。

ショップには、おなじみのポップキャンディーやミルキーなどが並ぶほか、エコバッグなどのグッズもそろう。

さて、お目当てのミルクティーだが、「牛奶棒棒布蕾」や「蜜桃棒棒多多」など全部で6種類。どれも値段は同じで、29元(約500円)。

スタッフに、「定番のドリンクは?」と聞くと、「奶茶棒棒焦糖」をすすめられた。中国最大の口コミサイト「大衆点評」でも堂々のおすすめ1位になっているフレーバー。コクのあるミルクティーに焦がしキャラメル顆粒が入っている。やや甘めだが、キャラメル顆粒の食感もよく、期待を裏切らない美味しさだ。

それに、ドリンクカップをはじめ、テイクアウト用のパッケージもかわいく、使い捨てがもったいないくらいだ。

このポップアップストアは10月18日(月)まで。国慶節の連休(10月1日〜8日)には、家族連れや大人女子でにぎわいそうだ。(提供/フライメディア)

この記事のコメントを見る

※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「ペコちゃんポップアップストア」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携