Record China

ヘッドライン:

中国高速鉄道に続く「国家の名刺」がまもなく世に出る―中国メディア

配信日時:2020年9月29日(火) 22時20分
拡大
29日、BWC中文網は、中国が高速鉄道に続く「名刺」を世に出そうとしているとする記事を掲載した。写真はC919。

2020年9月29日、BWC中文網は、中国が高速鉄道に続く「名刺」を世に出そうとしているとする記事を掲載した。

記事は、エネルギー分野における新たな「名刺」について紹介。まず「華龍1号」に代表される原子力発電所建設を挙げ「現在、世界の原子力発電所建設はすべて中国製に依存しており、英国、フランス、ケニア、インドネシア、南アフリカ、トルコ、タイ、カザフスタンなど20以上の国が、華龍1号に対して強い興味を示している」と伝えた。

次に、「燃える氷」と呼ばれるメタンハイドレートに言及。中国はメタンハイドレートの採掘技術で日本や米国などの外国企業をリードしており、間もなく世界に先駆けて大規模な商業採掘を実現させる見込みだとしている。

さらに、太陽光発電の分野でも、地球から3万6000キロ離れた宇宙に太陽エネルギーステーションを建設する計画を立てており、重慶市で太陽光発電実験基地の建設が始まっていると紹介。計画によれば2030年にメガワット級の宇宙太陽光発電試験を開始する予定であり、実現すれば世界で初めて実用的な宇宙太陽光発電所を持つ国になると伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング