Record China

ヘッドライン:

韓国、野菜価格「狂騰」でハンバーガーからトマト消える―中国メディア

配信日時:2020年9月30日(水) 6時40分
拡大
中国・北京紙の新京報は28日、韓国では新型コロナと長梅雨の影響で野菜価格が「狂騰」し、ファストフード店のハンバーガーからトマトが消えたと報じた。資料写真。

中国・北京紙の新京報は28日、韓国では新型コロナと長梅雨の影響で野菜価格が「狂騰」し、ファストフード店のハンバーガーからトマトが消えたと報じた。

記事によると、トマトの小売価格は平年比2倍の1キロ5816ウォン(約522円)となっている。トマトの需給が円滑でない中、大手ファストフード店のハンバーガーからはトマトが消えた。韓国メディアは「野菜価格が平年並みに戻るにはまだ時間がかかる」と伝えているという。

これについて、中国のSNS上では「トマトのないハンバーガーなんてありえない」「中国にはたくさんあるけど、輸入してないの?」「なぜメディアは韓国や日本の話題ばかりなのか。中国国内の豚肉価格高騰問題にもっと注目すべき」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国で豚肉価格が上昇、年後半に加速の恐れ=アフリカ豚コレラの影響、政府が7項目の対策

中国政府・農業農村部は「7項目の措置で豚生産を安定化」と題する文章を発表した。豚肉生産能力が低下しているという。豚肉価格は3月になってから上昇が顕著になり、年後半にはさらに加速する恐れがある。背景にはアフリカ豚コレラの発生がある。

Record China
2019年3月25日 5時0分
続きを読む

ランキング