中国の建築物の8割で水漏れ事故、防水工事の手抜きが“見えないがん”に―中国メディア

配信日時:2014年2月24日(月) 6時20分
中国の建築物の8割で水漏れ事故、防水工事の手抜きが“見えないがん”に―中国メディア
画像ID  411816
16日、北京市朝陽区で道路が陥没する事故が起きた。21日付人民日報(電子版)は、防水工事の手抜きが改めてクローズアップされていると伝えた。写真は2007年に起きた北京の地下鉄工事現場の崩落事故。
2014年2月16日、北京市朝陽区で道路が陥没する事故が起きた。21日付人民日報(電子版)は、防水工事の手抜きが改めてクローズアップされていると伝えた。

その他の写真

都市部では地下鉄や駐車場、商業施設、トンネル、競技施設などの建設が進む中で、防水工事の不備による水漏れが問題化している。これらは“建築のがん”と言われている。

建築事故に詳しい専門家によると、劇場や競技施設など大型の施設の約8割で防水に関する事故が起きている。また地下鉄やトンネル、公共工事の8割以上でコンクリートの亀裂による水漏れ事故が起きている。(翻訳・編集/NY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事