Record China

ヘッドライン:

中国半導体大手SMICが新たに米国の輸出制限の対象に―中国メディア

配信日時:2020年9月27日(日) 20時50分
拡大
27日、中国メディアの和訊網はロイター通信の記事を引用し、中国の半導体大手SMICが新たに米国の輸出制限の対象となったと伝えた。

2020年9月27日、中国メディアの和訊網はロイター通信の記事を引用し、中国の半導体受託生産最大手「中芯国際集成電路製造(SMIC)」が新たに米国の輸出制限の対象になったと伝えた。

ロイター通信によると、米政府はSMICへ輸出する設備が軍事に利用されるリスクがあると考えており、しかもこのリスクは「容認不可能なもの」として、すでにSMICに対して輸出制限を行っているという。

記事は、「これは華為技術(ファーウェイ)に続き、米国の貿易制限を受ける2社目のトップレベルの中国ハイテク企業となる」と紹介。米商務省による25日付の通知文によると、米政府による輸出制限を受けるのは上海、北京、天津、深セン、寧波などにあるSMICのほか、イタリアにある支社や合資会社も含む。輸出制限の影響を受ける供給業者は、SMICへの供給を継続したい場合、米政府に対して輸出許可証の申請をしなければならないと記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング