Record China

ヘッドライン:

大衆が選ぶ映画賞、第35回「百花奨」でホアン・シャオミンとチョウ・ドンユィが最高賞

配信日時:2020年9月27日(日) 12時50分
拡大
中国版アカデミー賞の大衆電影百花奨の授賞式が河南省鄭州市で行われ、昨年ヒットした中国映画「我和我的祖国」が最優秀作品賞に、ホアン・シャオミンとチョウ・ドンユィが主演賞に選ばれた。

中国版アカデミー賞の大衆電影百花奨の授賞式が河南省鄭州市で行われ、昨年ヒットした中国映画「我和我的祖国」が最優秀作品賞に、ホアン・シャオミン(黄暁明)とチョウ・ドンユィ(周冬雨)が主演賞に選ばれた。

「金鶏奨」「華表奨」と並ぶ、中国の3大映画賞の1つ。その中でも「百花奨」は最も歴史が古く、1962年に第1回が行われ、文化大革命の時期には長く中止されたが80年に復活。2005年から隔年開催となり、今年で35回目を迎えた。全国の一般の観客が選ぶ賞としても知られ、今年は過去2年間に公開された189作品がノミネートされている。

最優秀作品賞に選ばれたのは、昨年10月に公開された「我和我的祖国」で、中国の歴史的瞬間を切り取ったオムニバスストーリー。17年に大連市で発生した大規模火災事故をもとに、消防士たちの命懸けの戦いを描いた「烈火英雄」からは、ホアン・シャオミンが最優秀主演男優賞に選ばれた。

最優秀主演女優賞に選ばれたのは、昨年ヒットした「少年の君」からチョウ・ドンユィ。なお、チョウ・ドンユィはこの作品で、第39回香港電影金像奨、第11回中国電影監督協会の年度賞、第4回マカオ国際映画祭でも主演女優賞を受賞している。

最優秀助演男優賞には「薬の神じゃない!」からワン・チュアンチュン(王伝君)、最優秀助演女優賞には「フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話」からユエン・チュエン(袁泉)がそれぞれ選ばれた。最優秀監督賞にはSF映画「流転の地球」からグオ・ファン(郭帆)監督が選ばれている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング