Record China

ヘッドライン:

ベトナムで旭日旗看板を発見した韓国人、執念の説得で修正させる=ネットで称賛の嵐

配信日時:2020年9月23日(水) 18時0分
拡大
23日、韓国・聯合ニュースは「韓国の公務員の執念でベトナムの飲食店にある旭日旗デザインの看板が修正された」と報じた。

2020年9月23日、韓国・聯合ニュースは「韓国の公務員の執念でベトナムの飲食店にある旭日旗デザインの看板が修正された」と報じた。

記事によると、ヨン・サンベ龍山国際交流事務所長は1日、ベトナム中部のビンディン省クイニョン市に新しくオープンした和食店に旭日旗を連想させるデザインの看板が掲げられているのを発見。店主に「日本帝国主義を象徴する戦犯旗に似たデザインを変更してほしい」と頼んだが、店主からは「外部のインテリアメーカーが担当したものであり、デザインを変更する権限がない」との回答があった。ヨン所長はインテリアメーカーにも修正を依頼したが、「ネットで日本風デザインを検索し、目に留まったものを描いただけ」「ベトナムには旭日旗デザインを禁止する法律はない」などとして拒否されたという。

そこでヨン所長は自身のフェイスブックに当該看板の写真を掲載して問題を拡散させた。すると和食店には抗議の電話が相次いだ。ヨン所長は翌日も和食店を訪れ説得したが、店主からは「フェイスブックの投稿のせいでイメージダウンした」として反対に損害賠償を求められた。それでもめげずに「投稿を削除し、費用も負担するので看板を修正してほしい」と説得したところ、店主は承諾し、3日後に看板のデザインが修正されたという。

ヨン所長は変更された看板の写真をフェイスブックに掲載し、「賢明な判断をしてくれてありがたい。クイニョン市で最も有名な店になると信じている」と書き込んだという。

これに韓国のネットユーザーからは「尊敬する。簡単なことではないし、キャリアアップにつながるわけでもないのに」「真の愛国者だ。全国民が彼のようなマインドを持ったら韓国は永遠に続くだろう」「こういう公務員には国から賞を与えるべき」など称賛の声が続々と寄せられている。

一方で「日本から被害を受けた国は多いのに、なぜ韓国だけが日本と戦っているのだろうか」と嘆く声や、「外国の事業場で何をしているのか。恥ずかしい」「余計なおせっかい。ベトナム人は気にもしていないのに」など否定的な意見も見られた。

旭日旗をめぐっては最近、フィリピンの人気インフルエンサー、ベラポーチ(Bella Poarch)さんも左腕に旭日旗柄のタトゥーが入った写真をSNSに掲載して韓国のネットユーザーから批判を浴びた。ベラポーチさんは「旭日旗の歴史的背景を知らなかった」として謝罪したがネットユーザ―の怒りは収まらず、「貧しいフィリピン人は小さくて学がない」など人種差別的発言が飛び交った。さらにこれを見たフィリピンのネットユーザーが「韓国は謝罪せよ」とのハッシュタグで反撃に出る事態にまで発展していた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ナイキ、韓国の独立運動記念日に“旭日旗スニーカー”を発売=韓国ネット「特別法が必要」「被害者意識が強過ぎる?」

3日、スポーツ用品メーカー・ナイキが、三一節(日本の朝鮮半島統治からの独立運動記念日)に日本の旭日旗をモチーフにデザインしたスニーカー「エアジョーダン12シリーズ」を発売したことが、韓国で物議を醸している。写真は旭日旗。

Record China
2016年3月3日 18時10分
続きを読む

ランキング