Record China

ヘッドライン:

近隣市民の猛反発を受けていた韓国のユニクロ新店舗、ようやくオープンもネットで賛否

配信日時:2020年9月23日(水) 20時40分
拡大
23日、韓国メディア・韓国経済によると、日本製品不買運動の影響と路地商圏侵害の恐れから開店が延期されていたユニクロの釜山凡一洞店が25日にオープンする。写真は釜山。

2020年9月23日、韓国メディア・韓国経済によると、日本製品不買運動の影響と路地商圏侵害の恐れから開店が延期されていたユニクロの釜山凡一洞店が25日にオープンする。

路地商圏とは、住宅地の路地などにある小型スーパーや伝統市場の勢力が及ぶ範囲のことで、地域活性化のため、大企業などから庶民の商圏を守るために作られたものだ。

記事によると、釜山鎮市場繁栄会は23日、ユニクロ側と先月に「共存方策」に最終合意したと発表した。ユニクロ側は伝統市場活性化のため、店内に市場PR空間を設置することと伝統市場が主催する行事の一部支援を約束したという。

ユニクロ釜山凡一洞店はこれまで、近隣の伝統市場の店主らの反発と、昨年7月から続く日本製品不買運動の影響で開店が延期されていた。特に伝統市場の店主らは昨年に出店計画が伝えられた後、「伝統市場の衣類品売り場とユニクロの消費者層が同じだ」などと主張してユニクロ側に事業撤回を強く求めていたという。

これに韓国のネットユーザーからは「まだユニクロに行く人がいるのか?」「この時期に新しい店舗をオープンさせるなんて」「どうせ不買運動で駄目になる」など、日本製品不買運動中の新店舗オープンに不満げな声が上がっている。

一方で「ユニクロと伝統市場のどこに共通点が?。ユニクロがなくても伝統市場で服は買わないよ」「商圏が奪われるから大企業は出店するな、なんて考えはおかしい」「どこで服を買うかは消費者が選択すること」「コストコができたときもそうだったけど、自分たちは変わろうとしないのに何かできるたびに反対する伝統市場にも問題がある」など伝統市場側の主張に疑問を呈する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング