Record China

ヘッドライン:

日本の記者の言葉、またまた外交部報道官が正す

配信日時:2020年9月23日(水) 11時50分
拡大
22日に行われた中国外交部の定例会見で、報道官がまた日本の記者の言葉を正す場面があった。

22日に行われた中国外交部の定例会見で、報道官がまた日本の記者の言葉を正す場面があった。

同日の会見で共同通信の記者が、中国とバチカンが中国国内の司教任命権問題における暫定合意の期限(2年)を延長する見通しであることについて、バチカンが「中華民国(台湾)」と外交関係があると言及し、この延長が両国の将来的な関係に影響するのかと質問した。

これを受け、会見を担当した汪文斌(ワン・ウェンビン)報道官は開口一番「まず、あることを強調しておかないといけない」とし、「台湾は中国の不可分の領土の一部。今後は『中国台湾地区』と表現してください」とくぎを刺した。

外交部報道官は8月27日と9月3日の会見でも、チェコの上院議長らが台湾を訪問したことについて日本の記者が蔡英文(ツァイ・インウェン)氏に「総統(President)」の敬称をつけて呼んだことを「間違い」などと指摘、「今後は使用しないようにしてほしい」と注文を付けていた。

なお、汪報道官は質問に対して「司教任命権の暫定合意にサインして2年、双方の努力の下で協議は順調に実施されている」と強調。「今後も緊密な意思疎通と協議を続け、関係改善を進めたい」と述べた。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング