Record China

ヘッドライン:

STAP細胞めぐり「ネイチャー」も調査に乗り出す=「初めから疑わしかった」「小保方さんを信じよう」―中国版ツイッター

配信日時:2014年2月20日(木) 12時25分
拡大
20日、日本の理化学研究所(理研)などの研究チームが発表したSTAP細胞に関する論文について、画像データに不自然な点があると指摘されていることが、中国のネット上でも話題となっている。写真はSTAP細胞作製の成功を伝える番組。
(1/2枚)

2014年2月20日、日本の理化学研究所(理研)などの研究チームが発表したSTAP細胞に関する論文について、画像データに不自然な点があると指摘されていることが、中国のネット上でも話題となっている。

その他の写真

STAP細胞は、小保方晴子氏をユニットリーダーとする日米合同チームによって研究が進められ、先ごろ英科学誌ネイチャーで取り上げられた。しかし、STAP細胞が変化したとされる胎盤細胞の写真について、使い回しや加工されたものであるとの疑惑が浮上。論文を掲載したネイチャーや理研が調査に乗り出す事態となった。

このニュースに中国版ツイッターには、多数のコメントが寄せられた。以下は、その一部。

「なんてこった」

「ネイチャーに偽造が載るのか?」

「私は医者をしているが、初めからこの実験の信用性について疑いを持っていた」

「学術結果の偽造なんて、世界中どこにでもある」

「写真もきちんと撮れないで何が科学者だ」

「STAP細胞が発表されたとき大喜びしたのに、こんな疑惑が出てくるなんて」

「偽物じゃないことを願います」

「小保方さんは絶対に悪い人じゃない」

「僕の女神をいじめないで!」

「こんな奇跡的な発見が、泡と消えることがありませんように」

「このような権威ある雑誌に嘘が載るとは信じがたい」

「もっと寛容に見るべき。彼女らの5年の研究成果を信じましょう」(翻訳・編集/北田

関連記事

常識を覆す新たな万能細胞、「世界を変える日本女性」「素晴らしい、“大日本”!」―中国版ツイッター

31日、常識を覆す世界初の万能細胞として多くのメディアが報じている「STAP細胞」。素晴らしい研究成果が評価される一方で、研究ユニットの小保方晴子リーダーにも関心が集まっている。写真は日本メディアの報道画像。

Record China
2014年1月31日 12時7分
続きを読む

日本の研究者が新たな「万能細胞」の開発に成功=「偉大な発見!」「努力が実を結んだ」―中国版ツイッター

29日、神戸市理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子研究ユニットリーダーらのグループが、新たな「万能細胞」を作り出すことに成功したことが、中国でも注目を集めている。写真は小保方氏の出身校米ハーバード大学。

Record China
2014年1月30日 16時21分
続きを読む

男にとって日本女性は「理想の妻」、中国人男性が驚愕した良妻賢母ぶりとは―在日中国人

14日、幸せの条件として、「日本女性を妻にし、中国人の料理人を雇い、フランスの執事を持つこと」と話す人がいるが、日本人妻を持つ中国本土の男性はこのほど、カルチャーショックがありつつも幸せな生活についてつづった文章をネットに掲載した。資料写真。

Record China
2014年2月15日 7時0分
続きを読む

ランキング