Record China

ヘッドライン:

TikTokクリエイター3人、米政府を提訴―米華字メディア

配信日時:2020年9月21日(月) 10時0分
拡大
多維新聞によると、中国企業のバイトダンスが提供する人気動画投稿アプリ「TikTok」の米国人クリエイター3人が18日、TikTokに対するトランプ米大統領の大統領令に対して訴訟を起こしたと発表した。

米国の中国語ニュースサイト、多維新聞の19日付報道によると、中国企業の字節跳動(バイトダンス)が提供する人気動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国人クリエイター3人が18日、TikTokに対するトランプ米大統領の大統領令に対して訴訟を起こしたと発表した。

訴訟を起こしたのは、Cosette氏、Dougmar氏、Alec Chambers氏の3人。21歳のCosette氏はフォロワーが4200万人を超え、ニューヨーク・ファッション・ウイークにも招待されている。

TikTokを禁止する米国政府に対する訴訟は、TikTokと同社の従業員に続いて3件目。

Cosette氏は、「TikTokは、多くのクリエイターにとって、自分自身を表現し、収入を得ることを可能にする重要な役割を果たしてきた。この旅は終わらない。私は、私とDougmar氏とAlec Chambers氏が、TikTokを禁止しユーザーが発言する権利を奪う大統領の決定を訴える決定をしたことをうれしく思う」と述べている。

米商務省は18日、米国内でのTikTokの新規ダウンロードとアップデートを20日から禁止し、11月12日以降は米国内でのサービスを全面禁止すると発表した。TikTokは米商務省の決定について「失望した」と反発している。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング