Record China

ヘッドライン:

韓国のゲームはなぜ日本で売れない?=韓国ネット「ただ面白くないだけ」「日本の方が…」

配信日時:2020年9月23日(水) 8時20分
拡大
18日、韓国・アジア経済は「韓国のゲームが日本では苦戦している」とし、「なぜ日本は韓国のゲームに目を向けないのか」と題した記事を掲載した。写真は釜山最大級のコンベンション・展示センター「BEXCO」。

2020年9月18日、韓国・アジア経済は「韓国のゲームが日本では苦戦している」とし、「なぜ日本は韓国のゲームに目を向けないのか」と題した記事を掲載した。

「App Annie(アップアニー)」によるグローバルモバイルゲーム支出規模分析資料によると、日本のグーグルプレイ、アップストアのモバイルゲーム支出規模は2016年の107億ドル(約1兆1162億円)台から年々成長を続け、昨年は142億ドル台となった。今年は新型コロナウイルスの影響で、感染が拡大した4~6月期の1日平均モバイルゲーム利用時間は3.6時間と、前年平均より12%増えている。

しかし、こうした状況でも韓国製ゲームの日本輸出は停滞しているという。対日輸出は17年の7900億ウォン(約709億円)台がピークで、翌年からは半分ほどの実績が続いている。その決定的理由は「中国製ゲームの急成長」とみられている。日本のアップストアのモバイルゲーム売り上げベスト30の中に、韓国製ゲームは二つしか名前がない一方、中国製ゲームは九つランキングされている。中国製ゲームは、日本のゲームユーザーになじみの深いアニメや漫画の知的財産権(IP)を活用することで、日本市場を攻略しているという。専門家は「10年代はPCゲームが相対的に少ない日本で韓国製PCゲームが比較的善戦したが、モバイルゲームの時代に移る中で、こうしたPCゲーム基盤のモバイルゲームでは人気獲得に限界があった」と説明している。

中国政府による「版号」(ゲームのリリース時に取得が必要なライセンス)の発給中断で、韓国製ゲームの対中国輸出の道が3年半以上にわたり閉ざされている中で、世界3大ゲーム市場と言われる日本は「韓国としても諦められない存在」だという。韓国コンテンツ振興院は、「下半期は新たにIPを活用したモバイルゲームを日本でリリースし、中国製ゲームに対抗する」と話しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「ただ面白くないからやらないんだよ。他に理由があるか?」「韓国人だって文句を言ってるのに」「正直なところ、韓国のゲームってそんなに面白いか?」「面白ければ、やるなと言われてもやるよ。つまらないからやらないんだ。課金誘導もひどいし」「韓国がゲーム大国と言われるのはゲームをやるのがうまいのであって、いいゲームを開発しているってことではない」など、「韓国製ゲームはただ面白くないだけ」という厳しいコメントが多数寄せられている。

また、「日本のゲームの方が圧倒的にすごくて面白くて多彩なんだから、韓国ゲームになんて見向きもしないだろ」「日本のゲームは素材が斬新で、ストーリー、キャラ、音声に魂がこもっているからね」「ゲームと漫画は日本にはかなわない」などのコメントも多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング