Record China

ヘッドライン:

韓国の平和庭園にあの日本人将軍の銅像が設置される?批判続出で計画中止に

配信日時:2020年9月19日(土) 21時20分
拡大
18日、韓国全羅南道の順天市が、造成中の平和庭園に小西行長の銅像を設置する計画を進めていたが、ネット上を中心に批判が相次ぎ、計画を中止する騒動があった。

2020年9月18日、韓国全羅南道の順天市が、造成中の平和庭園に小西行長の銅像を設置する計画を進めていたが、ネット上を中心に批判が相次ぎ、計画を中止する騒動があった。

韓国・スポーツソウルなどによると、同市は東アジア3カ国の7年の戦争の追悼と平和共存のため、約350億ウォン(約31億円)を投じて2025年の完成を目標に平和庭園を造成している。庭園には平和広場、教育館、歴史館などが作られ、平和広場には「文禄・慶長の役」に参戦した日中韓3カ国の将軍の銅像などが設置されることになっていた。ところが、日本の将軍が朝鮮出兵で半島に来襲した小西行長であることが知られると、ネット上を中心に反対の声が上がったという。

SNSなどには「順天市の公務員は本当に韓国人?親日の子孫なのか?」「一体何を考えているのか。日本は今も歴史の事実を否定しているというのに」「日本人観光客を誘致するため?あきれてものが言えない」「発案者を懲戒処分にするべき」などの声が寄せられ、大統領府の請願サイトにも「順天市は朝鮮侵略の先鋒となった小西行長の銅像を税金で作るな」と訴える請願が掲載され、多くの賛同を得ている。

この事態を受け、同市は市民らに意見聴取を行っていたが、18日に「日中韓3カ国の将軍の銅像のメッセージを刻んだ板石だけを設置する」と発表したという。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング