Record China

ヘッドライン:

京雄都市間鉄道、大興空港―雄安駅区間で動態管理点検車が初運行―中国

配信日時:2020年9月17日(木) 18時20分
拡大
初の動態管理点検車となる55001号が、北京大興空港駅から、汽笛を鳴らして出発し、北京と雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の北京大興空港-雄安駅区間の敷設工事が、欠陥修正・性能検証試験の段階に入った。

16日午後1時5分、初の動態管理点検車となる55001号が、北京大興空港駅から、汽笛を鳴らして出発し、北京と雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の北京大興空港-雄安駅区間の敷設工事が、欠陥修正・性能検証試験の段階に入った。中国新聞網が伝えた。

京雄都市間鉄道は、北京・天津・河北エリア協同発展における重要な交通インフラであり、同エリアの都市間交通ネットワークの重要な構成要素となる。今回の動態管理点検車の運行は、同鉄道の全線開通・運行がいよいよカウントダウン段階に入ったことを示している。

同鉄道は、北京大興空港を出発し、北京市大興区、河北省廊坊市広陽区、固安県、永清県および覇州市を経て、終点の雄安新区雄県に至る。路線全長は60.65キロメートルの複線高速鉄道で、本線の設計時速は350キロメートルとなっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング