Record China

ヘッドライン:

日本メディアの菅氏紹介が面白い!中国ネットから「アイドルすぎる」の声

配信日時:2020年9月17日(木) 18時20分
拡大
15日、中国版ツイッター・微博に「日本メディアの菅氏紹介が面白い!」との書き込みが出現。これに、中国のネットユーザーは「アイドルすぎる」「うらやましい」などの反応を見せた。資料写真。

2020年9月16日、菅義偉・自民党総裁が新たな首相に選ばれ、菅内閣がスタートした。その前日の15日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には「日本メディアの菅氏紹介が面白い!」との書き込みが出現。これに、中国のネットユーザーは「アイドルすぎる」「うらやましい」などの反応を見せた。

微博で「面白い」と紹介されたのは、報道番組「Live News it!」(フジテレビ系)が伝えた菅氏の一面。自民党本部で14日午後に行われた菅新総裁の会見を中継する際、同番組は画面左下で「知られざる菅義偉」「モーニングルーティン」などと題して「5時起床で全紙に目を通す。6時40分から40分間スーツで散歩。7時半から朝食を取る。腹筋100回」「法政大学時代は空手部で副主将。あいさつは常に『押忍!』。得意技は正拳突き」「大好物のパンケーキは太らないよう半分しか食べない。お酒は飲まず、たばこも吸わない」「『ガースー』のニックネームは本人公認。手土産は秋田の稲庭うどん」と菅氏に関する「ワンポイント解説」を加えており、投稿者は「日本のテレビ局が特に必要のない個人に関する詳細を大量に紹介。視聴者からは『政策が耳に入らない』という反応が相次いだ」とのコメントを添えてこうした「菅情報」を伝えた。

これに中国のネットユーザーは「アイドルすぎる」「本当にうらやましい。われわれのリーダーの生活の細かな部分ってだいたいが『聞いた話によると』だからね」「起きるの早すぎでしょ(笑)」「なぜこんなに元気なの」「ガースーには笑った」「お見合い番組に出てくる個人の生活紹介みたい」「日本のテレビ局は本当にやるね」などと反応しており、中には「菅さんはどっちかっていうと親中?それとも反中?」と気にする声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング