Record China

ヘッドライン:

世界最大の砂漠集中型太陽光発電基地、間もなく稼働開始へ―中国

配信日時:2020年9月16日(水) 5時20分
拡大
中建電力建設有限公司は13日、その子会社の中建中環工程有限公司が請け負う内モンゴル自治区ダラト旗太陽光発電リード奨励基地1号プロジェクトが順調に竣工したと発表した。写真は同自治区の太陽光発電基地。

中建電力建設有限公司は13日、その子会社の中建中環工程有限公司が請け負う内モンゴル自治区ダラト旗太陽光発電リード奨励基地1号プロジェクトが順調に竣工したと発表した。これは世界最大の砂漠集中型太陽光発電基地が間もなく発電・送電開始することを意味する。中国新聞網が伝えた。

同プロジェクトは中建中環工程有限公司がEPC(設計、調達、建造)契約で請け負った。プロジェクトの設備容量は69.03MWで、完成後に基地内1期太陽光発電所と一体化する。敷地面積は約120万平方メートル、年間発電量は20億kWh、生産高は6億2000万元(約96億1000万円)に上り、世界最大の砂漠集中型太陽光発電所になる。

国家太陽光発電リード奨励基地としての同プロジェクトは、施工技術、発電技術の改善・改良を続け、常に業界トップ水準を維持しており、発電効率を15%改善するとともに、内モンゴルの新エネ産業の科学技術発展をけん引できる。

中建中環工程有限公司新エネ事業部副総経理で、ダラト太陽光発電2期1号プロジェクトマネージャーの于皓偉(ワン・ハオウェイ)氏によると、プロジェクトチームは建設中に困難を克服し、砂漠の掘削による穴の形成、砂漠の強風などの問題を解決した。砂漠に2万3000本以上の太陽光発電支柱を立て、17万枚以上のソーラーパネルを順調に設置した。感染症による工期の遅れを取り戻し、順調に建設任務を完了し、間もなく発電・送電という目標を達成しようとしている。

同プロジェクトは設計で「林光相互補完」モデルを採用しており、クリーンエネルギーの環境保護効果と作物栽培の経済効果の「ダブル最適化」を実現する。基地の外に植物を植え砂漠化を防止し、幹線道路の両側に防護緑帯を設置する。ソーラーパネルの間に現地の成長に適した矮化経済林を植える。流砂を固め、砂嵐を防ぎ、砂漠化対策を着実に推進する。緑化植物の他に、ナツメやキバナオウギなどの商品作物の栽培面積は3200ヘクタールに上る。現地の貧困住民の生態経済収入を増やし、貧困から脱却し豊かになるのに力強いサポートを提供している。

同プロジェクトの発電・送電後の省エネ・排出削減効果は、年間で標準石炭消費量66万トン、CO2排出量165万トン、粉塵排出量45万トンの削減に相当する。内モンゴル自治区のエネルギー構造及び生態環境の質を効果的に改善する見通しだ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング