2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国の「愛国裁判」に徹底抗戦!やけど負った台湾人司会者、ソウルで裁判―台湾

配信日時:2014年2月18日(火) 14時47分
韓国の「愛国裁判」に徹底抗戦!やけど負った台湾人司会者、ソウルで裁判―台湾
画像ID  411124
17日、台湾のタレントで司会者・郭子乾が、韓国の高級ホテルを相手に損害賠償を求める、今月19日にソウルで行われる裁判に出廷すると発表した。
2014年2月17日、台湾のタレントで司会者・郭子乾(グオ・ツーチエン)が、韓国の高級ホテルを相手に損害賠償を求める、今月19日にソウルで行われる裁判に出廷すると発表した。NOWnewsが伝えた。

その他の写真

郭子乾は2012年1月、家族を連れての韓国旅行で、ソウルの某高級ホテルに宿泊。この時、部屋に備えてあったポットでお湯を沸かして持ち上げたところ、底の部分が急に脱落して太ももに熱湯を浴び、重いやけどを負った。しかしホテル側は、郭子乾に過失があったとして謝罪の姿勢を見せず。郭子乾は損害賠償を求めて韓国の裁判所に訴え出ていたが、昨年8月に裁判所がこれを棄却。この時の判決文には、一連の騒動は郭子乾が故意に起こしたもので、「ホテルの名誉を傷つけるためのねつ造」と記されていた。

この判決を不服とした郭子乾は、ソウル中央地裁に控訴。今月19日に行われる裁判に出廷することを明らかにし、17日に台北市で記者会見を開いた。

郭子乾は、韓国の「愛国裁判」について「どこまでも徹底的に戦う」と語っている。今後、台湾人が韓国で不快な目に遭った時、「泣き寝入りした」という前例を残さないためだという。また、郭子乾の支援者である民進党の議員も、今回の裁判について台湾外交部に対し、「その権限の範囲内で協力をしてほしい」と訴えている。(翻訳・編集/Mathilda)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事