Record China

ヘッドライン:

韓国生まれの赤ちゃんパンダ、目のまわり黒くなり体重10倍に―中国メディア

配信日時:2020年9月16日(水) 6時0分
拡大
中国から韓国に貸与されているジャイアントパンダのカップル「愛宝(アイバオ)」と「楽宝(ロバオ)」の間に今年7月中旬、韓国で初めてとなる赤ちゃんが誕生した。
(1/6枚)

中国から韓国に貸与されているジャイアントパンダのカップル「愛宝(アイバオ)」と「楽宝(ロバオ)」の間に今年7月中旬、韓国で初めてとなる赤ちゃんが誕生した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

赤ちゃんパンダは、誕生から1カ月あまり経過し、出生時には体長16.5センチメートル・体重197グラムだったが、今では体重が2キログラム近くとなり、約10倍重くなった。誕生時にはほんのりピンク色だった皮膚は、だんだんと黒と白の柔らかな体毛に覆われるようになり、目の周りはだんだん黒くなってきた。

現在、パンダ一家は、韓国ソウル近郊にあるテーマパーク「エバーランド」で飼育されているが、健康面を考慮して、今のところ一般公開はされていない。韓国側は専門家チームを立ち上げ、24時間体制で世話をしている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

韓国選手の優勝カップ踏みつけ、「中国が猛批判するのは劣等感から」と韓国メディア、「謝罪したのにカップ剥奪おかしい」とも

1日、騰訊体育は、中国で開かれたユースサッカー国際大会で韓国人選手が優勝カップを踏みつけた問題で、韓国メディアから「劣等感を持つ中国による批判が激しすぎる」との不満が出ていると報じた。

Record China
2019年6月3日 12時0分
続きを読む

韓国にやって来たパンダが観光大使に=納得できない韓国ネット「中国にこびることがあるの?」「韓国の象徴・虎を活用して」

7日、韓国・竜仁市が中国から韓国に提供された2頭のジャイアントパンダを市の観光広報大使に任命したと明らかにしたが、韓国のネットユーザーから納得できないとのコメントが多数寄せられている。資料写真。

Record China
2016年4月8日 10時10分
続きを読む

ランキング