大坂なおみ、4大大会で3度目の優勝=中国メディア「わずか2年で李娜を軽々抜いた」

Record China    2020年9月13日(日) 16時0分

拡大

中国紙・新京報は13日、テニスの全米オープン、女子シングルスで優勝した大坂なおみについて、「わずか2年で4大大会3度目の優勝を飾り、中国の李娜を軽々と抜いてアジア選手の第一人者となった」と伝えている。

テニスの全米オープン、女子シングルス決勝が現地時間12日に行われ、世界9位の大坂なおみ(22)は、世界27位のビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3の大逆転で下し優勝した。

大坂の4大大会シングルス優勝は、18年全米、19年全豪に続き3度目。李娜(中国)と並んでいたアジア選手の4大大会シングルス優勝回数を更新した。

中国紙・新京報は13日付で、大坂について「4大大会で初の決勝進出から全勝を続けている」とし、決勝で3連勝するのは2002年のジェニファー・カプリアティ(米国)以来だと伝えた。

また、「わずか2年で4大大会3度目の優勝を飾り、李娜を軽々と抜いてアジア選手の第一人者となった」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携