ベネチア国際映画祭、中国出身クロエ・ジャオ監督の「ノマドランド」に金獅子賞―中国メディア

Record China    2020年9月13日(日) 13時50分

拡大

第77回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門の授賞式が現地時間12日に行われ、中国出身のクロエ・ジャオ(趙婷)監督の「ノマドランド」が最高賞にあたる金獅子賞を獲得した。資料写真。

第77回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門の授賞式が現地時間12日に行われ、中国出身のクロエ・ジャオ(趙婷)監督の「ノマドランド」が最高賞にあたる金獅子賞を獲得した。

中国のエンタメ系メディアの新浪娯楽によると、中国系監督の作品が金獅子賞を獲得するのは今回で8作品目。

クロエ・ジャオ氏は、ホウ・シャオシェン(侯孝賢)氏、チャン・イーモウ(張芸謀)氏、ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)氏、アン・リー(李安)氏、ジャ・ジャンクー(賈樟柯)氏に続き、金獅子賞を獲得した6人目の中国系監督となり、また同賞を獲得した最初の中国系女性監督となった。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携