Record China

ヘッドライン:

自然災害との戦いで中国から学べる五つの点―世界銀行

配信日時:2020年9月15日(火) 6時0分
拡大
世界銀行の公式サイトは10日、自然災害との戦いで中国から学べる五つの点について紹介する記事を掲載した。写真は大雨後のハルビン市。

2020年9月12日、中国紙・環球時報によると、世界銀行の公式サイトは10日、自然災害との戦いで中国から学べる五つの点について紹介する記事を掲載した。

記事はまず、中国では昨年1年間に地震や台風、干ばつなどで3000億元(約4兆6600億円)以上の直接的な経済損失があったとし、急速な経済成長や気候変動によって自然災害の発生頻度と被害の深刻さが増していると指摘した。

一方で、中国はこうした中で脆弱性を減少させ、災害対応面で進歩し続けているとし、中国から学べる五つの点を紹介した。

その一つが「計画と指導の重要性」だ。中国は07年から政府の五カ年計画に基づき「国家総合防災減災計画」を作成している。同計画はリスク軽減の指導において重要な役割を担っている。これまでの受動的な減災から積極的な減災への転換は、中国の計画の中で際立っている。

二つ目は「手本の重要性」だ。中国は、08年の防災減災計画の成果として、1万2000以上の居住区をモデル居住区とした。その結果、モデル居住区に減災効果があっただけでなく、周辺の居住区も減災能力構築の努力を払うようになった。

三つ目は「地域を跨いだ協力が復興を加速させたこと」。中国は、08年の四川大地震後にペアリング支援計画を制定した。一部の省・市と被災地がペアリングし、資金や技術援助を提供した。これにより被災地はピンポイントの専門的なサポートを受けることができ、新型コロナウイルスとの戦いにおいても同様の方法が採用されている。

四つ目は「データのシステム化により効果的に減災できたこと」。中国は、災害損失統計システムの規格化に努力しており、これにより災害損失データの分析能力を強化している。リスクに基づき防災と戦う能力を建設し、災害後の評価作業の速度を上げることができている。その結果、08年の四川大地震では損失の計算に100日以上を要したが、13年の四川地震では27日しかかからず、今年は平均10日前後にまで短縮できている。

五つ目は「地方の特徴に特化した保険」だ。中国は、災害保険が自然災害後の素早い復興において重要であることを認識するようになった。地方の特徴に特化した保険システムを構築しており、深セン市や寧波市、雲南省、四川省など多くの場所で災害保険の試験運用を始めている。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング